欧州の取り組みから学ぶ!オープンソースソフトウェア(OSS)を上手に利用する方法(オンラインセミナー)

参加枠申込形式参加費 参加者
オンラインセミナー
先着順 無料 定員100人

イベント内容

2021年6月25日(金)開催!OSS活用オンラインセミナー

欧州の取り組みから学ぶ!オープンソースソフトウェア(OSS)を上手に利用する方法とは?            ~コードスニペット検出も実現するOSS管理ツールFossIDの紹介~

新型コロナウイルス感染拡大の影響により外出制限などの規制もあるかと思います。

そこで、在宅でもオフィスでも気軽に参加できるオンラインセミナーを開催いたします!

⇒セミナーの申し込みは、主催者のサイトから申し込みとなります。 こちらクリック

概要

オープンソースソフトウェア(OSS)利用のリスク対策、お困りありませんか?

ソフトウェア開発において、工数削減や開発スピードの向上・最新テクノロジーの利用など、多大なメリットを享受できることから、今やOSSの利用は必要不可欠なものとなっています。一方で、ソースコードやシステムの中にどのようなOSSが利用されているかを把握することは大変困難であり、ライセンス違反や脆弱性の問題へのリスク対策が課題となっています。

本セミナーでは、ソフトウェア開発における「OSSコンプライアンス」に着目し、FossID社 CEO Oskar Swirtun氏による、欧州でのOSS利用の取り組みと、OSSの必要性やメリットについて解説をしていただきます。
テクマトリックスからは、複雑なソフトウェアに含まれるOSSのライセンスと脆弱性を管理することができるOSS管理ツールの「FossID」をデモンストレーションを交えてご紹介いたします。

OSSの管理にお困りの方や、OSSのライセンス・脆弱性の管理方法についてご興味がある方は、お気軽にご参加ください。

<こんな方におすすめです>

  • OSSの利用を検討している方
  • OSSの管理を実施している方、検討している方
  • OSSのセキュリティリスクに対応したいと考えている方
  • OEMからの要求に対してOSS管理の情報収集している方

インターネット回線を利用したWEBセミナーです。 自席で、ブラウザーを利用して、セミナーに参加できます。また、セミナーの途中で発表者に質問することも可能です。
※WEBセミナーでは、LogMeIn社のGoToWebinarを使用して開催を行います。

タイムスケジュール

時間 内容
16:00 開始
17:00 終了

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

会場

Webブラウザーより簡単にセミナーに参加いただけます。


アジェンダ

  • 挨拶:FossID社
  • セッション1:
    「欧州の取り組みから学ぶ!オープンソースソフトウェア(OSS)を上手に利用する方法のご紹介」
    ※動画配信となります。
    講師:FossID社 CEO Oskar Swirtun氏
  • セッション2:
    「サプライチェーンで開発される複雑なソフトウェアに含まれるOSSライセンス・脆弱性の管理のご紹介~OSSライセンス&セキュリティ管理ツール「FossID」とは~」
    講師:テクマトリックス株式会社 ソフトウェアエンジニアリング事業部
  • 質疑応答

※セミナー内容は、変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。


参加方法

お申し込み後、参加用URLを登録頂いたメール宛に送付いたします。アクセスし、ご登録ください。

ご登録後、登録完了通知メールが届きます。
後日、WebinarのURLをお知らせする「ウェビナーへの参加方法」メールが届きます。

受講料

無料

お問い合わせ

「FossID」サイト

テクマトリックス株式会社 ソフトウェアエンジニアリング事業部