【APIテストとは何か?APIテストの正攻法】 — 手戻りを削減する抜け漏れのないテスト手法まるわかりセミナー—(オンライン)

参加枠申込形式参加費 参加者
【お申込みの注意】お申込みは主催者のサイトからとなります!
抽選制 無料 定員100人

イベント内容

【APIテストとは何か?APIテストの正攻法】— 手戻りを削減する抜け漏れのないテスト手法まるわかりセミナー— (オンライン)   | テクマトリックス株式会社

⇒セミナーの申し込みは、主催者のサイトから申し込みとなります。 こちらクリック

概要

DXの実現などで、API連携するシステム開発が活発になりました。
たとえば、API基盤開発、AWSを利用したIoTシステム開発、そしてマイクロサービスアーキテクチャの採用などが加速しており、APIの重要性が高まるとともに、品質を確保するための最適なテスト手法が必要となっています。

このたび、APIの品質確保やテストの効率化といった観点から、「抜け漏れ」のないAPIテストの作成をテーマにセミナーを開催することにいたしました。
セミナーでは、APIテストとは何か?どういったテストをすべきか?抜け漏れの無いテスト手法とは何か?といった内容を中心にお話しします。また、効率的なテストの作成と実行を行うAPIのテスト自動化ツール「SOAtest」とサービス仮想化ツール「Virtualize」もご紹介いたします。
さらに、「Jtest」によるソースコードのセキュリティチェックやテストカバレッジ 取得機能もご紹介します。
APIの開発、あるいは、API連携するシステム開発に携わっている方、JavaでAPIを作成している方は、ぜひご参加をご検討ください。



<こんな方におすすめ>

  • これからAPI連携するシステム開発に関わる方
  • バグが多く、APIの品質改善にご興味ある方
  • APIの抜け漏れのないテスト手法にご興味ある方
  • API開発とAPIを利用するアプリの並行開発で手戻りを削減したい方
  • API連携するシステムの現新比較のテストを効率化したい方

会場

  • Webブラウザーより簡単にセミナーに参加いただけます。
  • Zoomを利用したWEBセミナーとなります。

アジェンダ


1.APIテストとは何か?APIテストの正攻法~手戻りを削減する抜け漏れのないテスト手法~
2.APIテスト自動化ツール「SOAtest」によるAPIテストの作成と実行の解説とデモンストレーション
3.サービス仮想化ツール「Virtualize」によるAPIを使用するシステムのテスト効率化
4.「Jtest」によるAPIのテスト実行時に取得するコードカバレッジ情報とJavaソースコードのセキュリティチェック

※内容は、変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

受講料

無料

お問い合わせ

テクマトリックス株式会社 ソフトウェアエンジニアリング事業部

「SOAtest/Virtualize」公式サイト

「Jtest」公式サイト

本イベントは終了しました

類似しているイベント