企業を超えたアジャイル+Railsを利用した開発の成功事例【WESEEK Tech Conf #8】

参加枠申込形式参加費 参加者
オンライン参加枠
先着順 無料 5人 / 定員100人

イベント内容

イベント概要

WESEEK Tech Conferenceは、株式会社WESEEKが主催するエンジニア向けの勉強会です。

月に2回ほど、WESEEKに所属するエンジニアが様々なテーマで発表を行う予定です。



第8回はバックエンドエンジニアの今間が登壇!
そして今回は、WESEEKのお客さまであり開発案件を担当させていただいている、インターネットマルチフィード株式会社 杉本氏を迎えて2人でお送りします。

社内に開発部隊が存在しなかった状態から、アジャイル開発手法、Rails などの技術を取り入れ、どのように円滑に開発業務が進められるようになったのかをご紹介します。



本イベントはconnpasspeatixで同時に公開を行っております。

Zoomへの参加URL・パスワードは当日通知いたします。
(17時半ごろ共有したZoomへの参加URLが変更となっております。正しい参加URLは18時頃にお送りしたものとなります。ご注意ください。)

本イベントは社内への共有のために録画をさせていただきます。社外への動画の公開は行いません。

タイムテーブル

時間 タイトル スピーカー
19:00-19:05 オープニング 太田 綾香
19:05-19:45 企業を超えたアジャイル+Railsを利用した開発の成功事例 今間 俊介・杉本 周
19:45-19:55 質疑応答
19:55-20:00 お知らせ

発表概要

企業を超えたアジャイル+Railsを利用した開発の成功事例

登壇者プロフィール

今間 俊介

株式会社WESEEK

某 ISP に 2 年弱勤務した後、2013 年に WESEEK へ入社。
現在は、今回ご紹介するインターネットマルチフィード様開発案件などプロジェクト問わず、Rails/Kubernetes を中心としたインフラ/アプリの設計・構築・運用に携わる。

杉本 周

インターネットマルチフィード株式会社

2010 年 NTT コミュニケーションズへ入社、2013 年インターネットマルチフィードへ出向。
JPNAP サービスの設計・構築・運用業務に従事する傍ら、社内で自社開発チームを立ち上げる。

株式会社WESEEKについて

株式会社WESEEKは、システム開発のプロフェッショナル集団です。

UIデザインからサービス運用のためのネットワーク・インフラ構築まで、すべて自社で開発を行っています。

受託開発や自社サービス開発など、幅広いプロジェクトに取り組んできました。



【現在の主な事業】

1:通信大手企業の業務フロー自動化プロジェクト

2:ソーシャルゲームの受託開発

3:自社発オープンソースプロダクト「GROWI」「GROWI.cloud」の開発

GROWI

GROWIは、Markdown記法でページを記述できるオープンソースのWikiシステムです。

社内WikiやオープンWikiとして活用されており、OSSであるためオンプレミス環境や各種クラウドVMに利用者自身で導入できるという自由度が人気を博しています。

GROWI.cloud

GROWI.cloudはOSSのGROWIを専門的知識がなくても簡単に運用・管理できる、法人・個人向けの商用サービスです。

大手Sier・ISPから中小企業・大学などの教育機関まで幅広くご利用いただき、さらに個人や大学サークルでもご利用いただいています。

導入事例記事

インターネットマルチフィード株式会社様

株式会社HIKKY(VR法人HIKKY)様

一緒に働く仲間を募集しています

東京の高田馬場オフィス、大分にある別府サテライトオフィスにてエンジニアを募集しております。

中途採用だけではなく、インターンシップも積極的に受け入れています!



詳しい募集要項は、弊社HPの採用ページからご確認ください。

アンチハラスメントポリシー

弊社が主催・運営をするイベントでは、アンチハラスメントポリシーを定めています。

イベントに参加される場合は、こちらの規範を遵守していただきますようお願いいたします。

アンチハラスメントポリシー

また、下記の目的での参加はご遠慮ください。

・採用、営業目的