【PIM(商品情報管理)とは?】~JDMC 学ぶシリーズ~

参加枠申込形式参加費 参加者
なし
先着順 無料 0人 / 定員100人

イベント内容

PIM(商品情報管理)とは?
~JDMC 学ぶシリーズ****~



●概要

PIM(Product Information Management、商品情報管理)とは?

この度、日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)の学ぶシリーズとして、PIMについて解説いたします。

PIMは、グローバルなマーケティング展開、ECを含むグローバル販売チャネルの拡大、グローバルブランド管理の領域で、特に威力を発揮するといわれますが、実際は如何に? 導入のメリットやデメリットを基礎知識を網羅してお話しします。

聞き手は、JDMC研究員/MDMとデータガバナンス研究会リーダー 、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社 エバンジェリストの水谷 哲 様が務め、弊社セールスマネジャーの小菅哲哉が解説いたします。

今、顧客体験の良否によって、企業の収益が大きく左右される時代。顧客起点で自社の商品・サービスの情報をどう伝えるか、多くの企業が意識して取り組んでいます。PIMを活用して、それに取り組んだ、総合スポーツメーカ・ミズノの事例も紹介します。 第一部の解説で概要を、第2部の対談でCMSとPIMの違いやそれらの活用について分かりやすく説明します。

●対談の主なトピックス
・一般企業におけるコンテンツ管理の課題
・PIMにおける顧客情報管理
・BtoBにおけるPIMの価値
・PIMで管理する商品の単位
・PIM、CMS(コンテンツ)、DAM(デジタルアセット)の違い
・PIMの目指す未来



●開催概要
日時:2021年7月16日(金)17:00~17:50 (解説30分+対談20分)
配信形式:オンライン配信
お申込:リンクよりJDMC 申込ページにてお申し込みください。
視聴方法 : 申し込んだ方へ視聴用URLを送付します。



●講師・聞き手

・聞き手:水谷 哲
JDMC研究員/MDMとデータガバナンス研究会リーダー
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社 エバンジェリスト

大手メーカー、外資系企業にて生産管理に従事。需要予測・需給計画・スケジューリング・MES全般に携わる中、データモデリングをきっかけにマスターデータ管理(MDM)と出会い、複数のMDMプロジェクトの推進に取り組む。
現在は、NTTコム オンラインにてTIBCOのエバンジェリスト活動に従事しながら、日本データマネジメント・コンソーシアム(JDMC)の研究員やMDM研究会リーダを務め、各種セミナー等で講演。

・講師:小菅 哲哉
株式会社Contentserv セールスマネジャー

国内SI企業、外資系ソフトウェア企業、SNS運営企業を経て、Contentservに入社。セールスとして日本市場を担当。



<JDMCの学ぶシリーズについて>
IT用語として良く耳にするけれども詳細は分からないし語れない――そうしたテーマや分野を扱う動画コンテンツです。JDMC内外の講師とJDMC研究会メンバーによる講義と討議で理解を深めます。特定の製品やサービスの販促目的ではありません。機能や利活用シーンを学びます。データマネジメント普及啓蒙に向けて会員が協力しあって制作しているコンテンツです。

●参加費
無料

●ハッシュタグ
#techplayjp
注意事項
※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

本イベントは終了しました