第31回 CoderDojoとよなか(大阪)電子工作(micro:bit)入門やります

イベント内容

電子工作(micro:bit)入門を行います

次回はmicro:bitのLEDを光らせたり、センサーやモーターの制御など少しロボット製作的な内容を実施します。
時間に余裕があれば、ケーブル等の半田付けなども行います。

micro:bitはレンタル可能ですので、お持ちで無いニンジャも参加して頂けます。
レンタルは旧バージョン品(v1.0)になります。 micro:bitをお持ちの方はご自分のボードを持参頂いても結構です。
半田付け作業などもありますので、小学5年生以上を想定しています。

micro:bitとは

https://www.switch-science.com/catalog/6600/
25個のLEDと2個のボタンスイッチのほか、スピーカーとマイク、明るさセンサー、加速度センサー、磁力センサー、温度センサー、無線通信機能(BLE)を搭載しています。また、端子にはセンサーやアクチュエーターを接続できるので、ピカピカ光る作品やラジコンカー、ロボットといった動く作品を簡単に作ることができます。

参加をご希望されるみなさま

右側の「このイベントに申し込む」のボタンを押して、いくつかのアンケートに答えてください。

CoderDojoは7〜17歳の青少年は無料でDojoに参加できます。
CoderDojoには、ニンジャ、12歳以下のニンジャの保護者、ボランティアが参加します。

そこでは、さまざまなプログラミングプロジェクトに参加したり、将来役立つ貴重なスキルを学んだり、まったく新しいグループの友達と出会ったりすることができます。

  1. サポートプログラミング言語:Scratchです。ニンジャの希望とメンターのスキルにより、今後増やしていくつもりです。
    Scratchに参加しよう ※事前にログインできる様にご準備ください。判らなければ当日フォローします。
  2. 必要なもの        :Wi-Fiに接続できるパソコン(Windows、Mac、その他)
                  発表時にプロジェクターに接続します。
                  HDMI、Type-C以外の場合はアダプタをご持参ください。
  3. あればいいもの      :独学している書籍があればお持ちください。会場に少し書籍は用意してあります。

費用

無料(CoderDojoとよなか(大阪) の活動は寄付によって成り立っています)

確認してください

新型コロナウイルスの影響により参加者を絞っています。

また、抽選で参加になった方で当日都合が悪くなった場合は、速やかにキャンセル処理を行い、
補欠の方に権利を譲って頂く様にお願いします。
当日体調が悪くなった場合は、無理せず参加を取りやめてください。
その場合は事後で構いませんのでご連絡を頂けると助かります。

参加申し込みにあたり、CoderDojoとよなか(大阪)の説明 をご確認ください

メンターの方へ

  1. CoderDojoとよなか(大阪)ではプログラミング言語としてまずは「Scratch」をサポートします。今後、サポート言語は増やしていくつもりです。

  2. メンターとしてはじめてご参加いただく方は、参加される前にCoderDojoの運営方針や運営方法、コミュニティーの参加方法などをオンラインビデオ会議(Zoomほか)でお話させてください。

  3. メンターには特に報酬はありません。交通費の支給も基本的にありません。(※スポンサーからお金が出る場合は、交通費が支給される事があります。)

ホームページ [https://coderdojo-toyonaka.hatenablog.jp/]

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント