【ソフトウェア品質向上セミナー】事例と研究から学ぶ 派生開発における影響範囲の特定と、不具合・ソフトウェアメトリクスの関連の分析(オンライン)

参加枠申込形式参加費 参加者
【お申込みの注意】お申込みは主催者のサイトからとなります!
抽選制 無料 定員100人

イベント内容

【ソフトウェア品質向上セミナー】事例と研究から学ぶ 派生開発における影響範囲の特定と、不具合・ソフトウェアメトリクスの関連の分析(オンライン)| テクマトリックス株式会社

⇒お申し込みは主催者サイトよりお願いいたします。(こちらをクリックして申し込みページよりご登録ください。)

概要

急速に加速するソフトウェア開発の大規模化、複雑化、短納期化にともない、ソフトウェアの保守性や再利用性が、品質指標として一層重視されるようになっています。機能追加を迅速に行ったはずが、思わぬデグレードを引き起こ してしまい、納期が遅延してしまったという経験はありませんか?
開発現場では、加速する開発スピードに対応するため、以下のような課題に直面しています。

▼開発現場の課題
・複雑なソースコードの全体像が把握できず影響範囲がわからない…
・影響範囲に対して、十分なテストができているかわからない…
・既存のソフトウェア内でリスクがある箇所がわからない…

本セミナーでは、 株式会社デンソークリエイト 柏原 一雄氏と 東洋大学 野中 誠氏を講師にお迎えし、柏原 一雄氏には「派生開発における影響範囲の特定に向けた取り組みと影響範囲のテスト漏れの防止」について、野中 誠氏には「品質の複合的分析に焦点をあてた取り組み」についてご講演いただきます。

※ 内容は、変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

会場

  • Zoomを利用したWEBセミナーとなります。

受講料

  • 無料

お問い合わせ

  • テクマトリックス株式会社 ソフトウェアエンジニアリング事業部

「Understand」公式サイト