急拡大中プロダクトのPdMが語る「開発優先順位とかロードマップ、どうしてる?」

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 373人 / 定員450人

イベント内容

概要

急成長をしているSaaSのプロダクトは、ユーザー拡大に伴い既存プロダクトの見直し、
新機能開発強化など課題は様々な角度から次から次へと生まれていきます。
今回は主催のオープンエイト社をはじめ、
急拡大中SaasプロダクトをかかえるLayerX社、Ubie社、Chatwork社にご登壇いただきます。

日々変わる状況のなか、各社は開発優先順位をどう決めているのでしょうか?
どんな情報を元に議論している?
意思決定のプロセスは?プロダクトロードマップ作ってる?など、
PdMがぶちあたる課題を各社のケースから紐解いていこう!という、
悩めるプロダクトマネージャーのためのイベントです!

※参加用URLは申込者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

寄り道禁止!LayerX インボイスの爆速開発を支えるロードマップ作り

株式会社LayerX 花村 直親
B2B SaaSでは多様な規模・業界の企業がユーザーになりえます。日々さまざまな要望が多方面から上がってくる中で、どの方面の要望から解決していくのが爆速で価値を届けるために正しい道筋なのか、LayerX インボイスで工夫していることをお話します。
19:25〜19:45

全社の目標と事業/チームの目標をバランスしながら、柔軟に優先順位を変更する開発の工夫

Ubie株式会社 松村 直樹
Ubieは「多拠点同時突破」戦略を取っています。全社目標、各プロダクト/チームの目標、そして顧客の課題、これらのバランスを取りながら開発優先順位を決める方法と、それを支える組織運営の特徴をご紹介します。
19:45~20:05

新規機能開発のスコープ検討における失敗と学び

Chatwork 株式会社 高柳 龍太郎
今年にリリースした「マルチアカウント機能」を例にとって、いかにしてプロジェクトの優先順位を決め、実際にプロジェクトを動かしていったかを、PdM としての役割や Problem / Try とあわせてご紹介します。
20:05~20:25

企業向けNo.1動画編集ツールの開発をいいかんじにプロダクトマネジメントする組織運営

株式会社オープンエイト 古山 亜人
クリエイティブツールとして爆速で機能拡張していくためにプロダクトマネージャーとして何ができるか、これまでチャレンジしてきたことなどについてお話できればと思います。
20:25〜20:45 Q&A
20:45~20:50 クロージング

※タイムスケジュールは変更の可能性があります。

登壇者

花村 直親
株式会社LayerX
2020年6月LayerXに入社、LayerXインボイスのプロダクトマネージャー兼エンジニアを担当。WEB開発・コンサル・データ分析などで一貫してB2Bに携わってきた経験を活かしてSaaS立ち上げに注力。B2Bの世界でコードを書くことがもっと重要と思われるように日々努力している。
松村 直樹
Ubie株式会社
2019年10月にUbie株式会社に入社。事業開発メンバーとして、病院向けカスタマーサクセスの立ち上げ等を行う。その後、AI問診ユビーのプロダクトオーナーに転身し、COVID-19向け機能開発や問診改善などを推進。現在は、生活者とクリニックをつなぐサービスの立ち上げに従事。
高柳 龍太郎
Chatwork 株式会社
プロダクト本部 プロダクトマネジメント部
2019 年にChatwork株式会社へオーガニックを中心としたWebマーケッターとして入社。サービスサイトのリニューアル・オウンドメディアの立ち上げを経て、2020 年にプロダクトマネージャーへ転身する。グロース施策やクライアントサイド施策を中心に、数々のプロジェクトを担当している。
古山 亜人
株式会社オープンエイト
株式会社オープンエイト プロダクトマネージャー。広告プランナー→フリーランスのクリエイター→エンジニアという謎の経歴で、2018年オープンエイトにジョイン。PdMのリードとしてプロダクト全体のサービス品質向上に取り組んでいます。

参加対象

  • プロダクトマネージャー
  • プロダクト開発エンジニア

参加にあたっての注意事項

  • 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
  • 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

グループにあなたのことを伝えて、面談の申し込みをしましょう。

株式会社オープンエイト
株式会社オープンエイトではカジュアル面談のお申し込みを随時受け付けています! 当社は「AI×SaaS であらゆる企業の情報流通戦略の成長ドライバーとなる」をコンセプトに事業を展開しております。 2019年にRed Herring社がアジアにおける革新的なベンチャー企業に贈る「2019 Red Herring Top 100 Asia Winner」を受賞から勢いに乗り、2021年1月には約30億円の資金調達を実施したことで累計調達額が約70億円となりました。 主力サービスである動画編集クラウド『Video BRAIN』は、2021年8月に実施された調査において「大手企業がオススメするビシネス動画編集クラウドNo.1」に選出され、加えて、SNS投稿・分析サービス『Insight BRAIN』や動画自動生成機能などのAPI提供を通じて、多角的に企業における情報発信を推進しています。 オープンエイトの技術や取組みについてもっと知りたい方、イベントを見て詳しい話を聞いてみたくなった方は、お気軽に面談にお申し込みください! みなさまとお話しできるのを楽しみにしています。

開催グループに関連するコラム

開催グループに関連するコラム

開発優先順位とかロードマップの作成どうしてる? 急成長プロダクトのPdMが語るケーススタディ

開発優先順位とかロードマップの作成どうしてる? 急成長プロダクトのPdMが語るケーススタディ