フランス特許に関する最近の法改正

参加枠申込形式参加費 参加者
https://ipinfor.toyota-td.jp/lomenie_francepatent_lecture-techplay
先着順 無料 0人 / 定員100人

イベント内容

フランスでは、2019年5月22日に施行された「企業の成長・変革のための行動計画法(The Action Plan for Business Growth and Transformation: 通称PACTE法)」に基づいて、特許法の各種改正が2020年中に順次施行されています。



実務で注意すべき主な改正ポイントについて、フランスの特許事務所 "Beau de Loménie"における欧州の特許弁理士より解説いただきます。

フランスの出願及び、権利化実務のご参考にしていただければ幸甚に存じます。

☆詳細☆

1. 審査プロセスの改正点
  ・拒絶理由に進歩性判断を採用
  ・審査手続きの枠組みに変更なし
  ・新たな審査プロセスにおける、その他留意点

2. 異議申立手続きの新設
     ・概要
  ・異議申立の要件
    ・手続き上の3つのフェーズ 
       ・EPOにおける異議申立との相違点
  ・留意点

3.  その他の変更点
   ・仮出願制度の新設
   ・ 実用新案権の存続期間の延長
   ・ 出願変更制度の導入(特許出願⇔実用新案)

4. まとめ:  PACTE法の目的