事例に学ぶ!医療機器ソフトウェアの品質向上とセキュリティ対策

参加枠申込形式参加費 参加者
無料参加者枠
先着順 無料 4人 / 定員50人

イベント内容

事例に学ぶ!医療機器ソフトウェアの品質向上とセキュリティ対策

概要

近年、医療の現場では様々な医療機器が活用され、より高度な医療に対応できるようになり利便性が上がるにつれて、より複雑なソフトウェアが組み込まれるようになっています。以前よりも複雑なソフトウェアを開発することによって、ソースコードの品質維持やテストの効率化などの課題も増えています。
本セミナーでは、AIメディカルサービス様の事例を元にどのようにソフトウェア開発の課題を乗り越え、国際規格の認証取得に至ったのかをご紹介し、シノプシスからはソリューションを活用して医療機器ソフトウェアのセキュリティ対策を行うべきかを提言いたします。

セッション1:「AIを活用した内視鏡画像解析ソフトウェア開発の品質・効率向上とIEC 62304取得に向けた取り組み」

株式会社AIメディカルサービス
製品開発部門ソフトウェア開発チーム 遠藤 有真様

内視鏡医療の現状と弊社のソフトウェア開発における品質と効率の向上の両立への取り組み、そして今回 Coverity と Black Duck を利用して開発した内視鏡画像解析ソフトウェアによる「がん鑑別型AIシステム」をご紹介します。
また、スタートアップであるAIメディカルサービスが、医療機器ソフトウェアとして国際規格IEC 62304およびIEC 62366-1の認証取得に至るまでのプロセスと、今後の展望についてご紹介します。

セッション2:「シノプシスがお手伝いできる医療機器向けソフトウェアのセキュリティ」

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア・インテグリティ・グループ
シニア・セールス・エンジニア
藤本豊己

医療機器業界が置かれている環境は人命に関わるため、規制と制約が厳しく複雑です。シノプシスではお客様の具体的なサイバーセキュリティ・ニーズに合わせたツールとサービスを組み合わせて医療機器のセキュリティ・ソリューションをご提供しています。このセミナーではソリューションのうち静的解析ツールCoverity、ソフトウェア・コンポジション解析Black Duck、ファジング・テスト・ツールDefensicsなどを使って、どのように市場に出る前にセキュリティ上の問題に対処していくかを解説します。

登壇者

image

遠藤 有真様

株式会社AIメディカルサービス
製品開発部門ソフトウェア開発チーム
image

藤本 豊己

日本シノプシス合同会社 ソフトウェア・インテグリティ・グループ
シニア・セールス・エンジニア

登壇者略歴
基幹系、情報系システムのシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーとしてシステムインテグレータに従事した後、アプリケーションセキュリティ製品のセールス・エンジニアとしてセキュリティ製品のビジネスに関わる。現在はDevSecOps環境へのツール導入のサポートと啓蒙活動を行っている。

参加対象

  • ソフトウェア・エンジニア
  • 品質保証
  • セキュリティ・スペシャリスト

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。