求む!コンテンツ企画力~デジタルネイティブ世代の『パ・リーグ』ファンを新たな手法で開拓せよ! ~プロ野球コンテンツ(映像/選手/試合データ等)を保有するPLMが抱えるISSUEを大公開~

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
抽選制 無料 71人 / 定員30人

イベント内容

パシフィックリーグマーケティング社 × TECH PLAY ISSUE COMMITTER 企画

プロ野球界で新たなチャレンジを続ける『パ・リーグ』6球団の
マーケティングを担うパシフィックリーグマーケティング株式会社(以下、PLM)。

同社のミッションは「プロ野球(パ・リーグ)の新しいファンを増やすこと」。
パ・リーグ6球団の公式動画配信サービス「パーソル パ・リーグTV」の運用をはじめ、
球団単体ではなく6球団が関わってるからこそできるマーケティング活動に力を入れています。

今回は、同社が運営するパ・リーグ6球団公式メディア『パ・リーグ.com』の
新たなユーザー獲得にむけた取り組みにまつわる具体的でリアルなISSUEを
執行役員佐々木将之氏と、CTO平山太朗氏を迎え、モデレーターTECH PLAYで大議論していきます。

オンライン&限定公開だからこそ話せる昨今の野球ファンの実態、
ファンマーケティング施策など、内部情報もできる限りお話していきます!

イベント終了後、実際にISSUE解決に向けたプロジェクトに参加いただくかもしれません!
近しい課題に挑戦していたり、アドバイスを持っている方、ISSUEに興味のある方
TECH PLAYと一緒にアイデアについてお話しししてみませんか?

PLM × TECH PLAY ISSUE COMMITTER企画 特設LPはコチラ!

※配信URLは、当選者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

同社が抱えるISSUE

■ 抱えているISSUE

現在『パ・リーグ.com』は、来年の開幕に向けて積極的な新サービスの立ち上げや
コンテンツの大幅な強化を進めています。

本メディアは選手/試合に関するあらゆるコンテンツを保有しているものの
ファン向けのコンテンツ活用としてはポテンシャルを秘めている状況です。

また、野球業界はファンの高年齢化が進んでいるため
10~20代で熱狂的な野球ファンではない「ゆるめなファン」との
エンゲージメント強化にチャレンジしていますが、
彼らがスキマ時間にアクセスするのはinstagramやNetflix、tiktok、ソシャゲなど…。

球場に足を運ぶ主なファンは40~50代がメイン。
そのような中で『パ・リーグ.com』は若者層の利用が多いことに着目し、
PLMはここに新たな可能性を見出しています。

テレビを見ない・球場に足を運ばない、いわゆるデジタルネイティブな新世代の若者が
『パ・リーグ.com』に思わずアクセスしたくなるような仕掛け作りとは。

あなたなら、どのようなコンテンツ企画、新サービス開発 で
新たなユーザーを獲得していきますか?


■ 同社が保有するコンテンツ情報

- 試合映像(年間1000試合以上のライブ配信、2012年以降のパ・リーグ全主催試合のアーカイブ映像)
- 動画(試合ダイジェスト、ヒーローインタビュー、始球式、企画動画etc.)
- 6球団全選手データ(選手プロフィール、過去年度/試合別成績/動画/インタビュー記事etc.)
- 試合日程および試合速報データ
- 過去の試合成績/順位表/ランキングetc
- オリジナル記事および6球団ニュース、SNS配信情報

など、パ・リーグ6球団に関するあらゆるコンテンツ

ISSUE COMMITTERとは?

ISSUE COMMITTER とは、企業が抱える現場の具体的なプロジェクト課題 ( ISSUE ) を、
抽選で当選したイベントの参加者 ( COMMITTER ) と議論していくクローズドのオンラインイベントです。

参加者が企業のプレゼンテーションを視聴するだけの通常のオンラインイベントとは異なり、 企業と参加者が双方向コミュニケーションをとりながら、ISSUE について議論を深めるイベントです。

イベント終了後は、企業が良いと感じた COMMITTER へスカウトを送り、1on1MTG を実施します。
1on1MTG の中で、お互いの合意が取れれば契約成立となり、 COMMITTER は企業のプロジェクトに参加します。
※プロジェクト参加における契約内容は、企業と COMMITTER 間で決定します。
 例:正社員、契約社員、業務委託契約、アルバイトetc.

当日のイベントに参加するだけでも、

 - 明日から使える仕事のTipsが分かる
 - 副業/採用に繋がる企業との出会いがある
 - 双方向的なコミュニケーションを通じて技術への理解が深まる

など、ためになることが沢山ありますので、皆さまどうぞお気軽にご参加ください!

こんな方におすすめ!

下記いずれかに該当する方

- 業界、会社規模不問
- Web/アプリメディアの企画立案・運用のご経験をお持ちの方
- Web/アプリサービスの企画立案・運用のご経験をお持ちの方
- コンテンツマーケティングのご経験をお持ちの方
- デジタルマーケティングのご経験をお持ちの方

タイムスケジュール

① 当日:  ISSUE MTGへの参加

 - ISSUE OWNERの自己紹介
 - ISSUEの説明
 - Q&A
 - ディスカッションタイム

② 後日:  1on1 MTGへの参加

ISSUE MTG後にアンケートを回答いただきます。
イベント当日の様子やアンケートの結果を踏まえて、気になる COMMITTER には企業から1on1 MTGへのスカウトメールをお送りします。
1on1 MTGに進んでいただきましたら、具体的な課題に対して情報交換やアドバイスなど、より深い情報交換をしていただきます。
COMMITTER と企業それぞれが合意出来ましたら、実際のプロジェクトに参加いただきます。
※プロジェクト参加の契約条件等は、1on1 MTGの中で相談の上決定します。

ISSUE OWNER

佐々木 将之
パシフィックリーグマーケティング株式会社
執行役員 メディア事業本部 本部長
埼玉西武ライオンズの経営改革において、マーケティング、事業責任者を歴任。プリンスホテルを経て、2018年よりPLMでパーソル パ・リーグTVを含むメディア事業全般を管轄。コンテンツ、テクノロジーそしてファンマーケティングの融合を通じて、新たなプロ野球ファンの創出を目指している。
平山 太朗
パシフィックリーグマーケティング株式会社
CTO
2015年よりPLMのCTOに就任。6球団のデジタル運営だけではなく、業界初のハッカソン「パッカソン」、米SXSW出展などを通してスポーツテックによる新たな観戦文化の創出を目指している。米国ではテックベンチャーSnowRobin US Inc. CEOを務める。