Cloud Native Storage Meetup #2

イベント内容

イベント概要

冬といえばストレージですね!

Cloud Nativeなシステムを実現するにあたって "必ず検討しないといけないストレージ....." にも関わらず後回しになりがちだったりしませんか?

当Meetupは,多くの方々が最初からしっかり検討し,最適なストレージを選んでゆけるように,様々なストレージや、活用ノウハウを共有しあうことを目的に発足しました。

Kubernetesにおけるストレージの扱いが気になる方も,そうでない方も、奮ってご参加くださいませ!

想定する参加者

・ストレージ愛好家の皆さん.

・Cloud Nativeを実践している,実践しようとしている皆さん.

配信について

イベントはYoutubeLiveを使った動画配信によって開催します。

YoutubeLiveの配信中に万が一BANされた場合やトラブルが発生した場合は,別のURLに移動した上で配信を継続する場合があります。何かあったときは公式サイト(本connpass上)を更新するとともに,Twitter上で #cnstorage タグを使って通知します。

タイムテーブル

タイムテーブルは仮です。また発表者とタイトルは随時アップデートする予定です。

時刻 発表者(敬称略) タイトル
18:00-18:05 オープニング
18:05-18:35 Yuma Ogami Cephコードリーディングの入り口としてceph statusのslow opsを読んだ話(仮)
18:40-19:10 itotadashi @itota557799 HashiCorp Vaultを用いたEncryption as a Service のご紹介
19:15-19:30 Osamu Mizoguchi @gjm2002ptw [LT] コンテナネイティブストレージと最新機能の紹介
19:30-19:45 shocnt @shocnt [LT] TBD
-20:00 クロージング

※メインセッションは30min ※LTセッションは5-15min

メインセッション概要

Cephコードリーディングの入り口としてceph statusのslow opsを読んだ話(仮)

TBD

HashiCorp Vaultを用いたEncryption as a Service のご紹介

シークレットマネージメントツールとして幅広く使われているHashiCorp Vaultですが、データの暗号化機能も利用する事が出来ます。このセッションでは、Vaultで利用出来る暗号化機能をデモを含めてご紹介します。

LTセッション概要

コンテナネイティブストレージと最新機能の紹介

コンテナネイティブストレージであるPortworxの概要と同期型レプリケーションに対応したReadWriteManyボリュームや、マルチクラウドに対応したバックアップ、マイグレーションなど最新機能のご紹介をさせて頂きます。

TBD

TBD

質疑応答

twitterのハッシュタグ #cnstorage を付けて質問していただければセッションの最後にいくつかピックアップして回答します。

参加費

無料

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。