【無料ウェビナー】開発~運用保守までのサイバーセキュリティ対策を支援 Cybellum社が提供する脆弱性監視ソリューション

参加枠申込形式参加費 参加者
12月16日(木) 14:00〔ライブ配信(Zoom)〕
先着順 無料 1人 / 定員100人

イベント内容

【無料ウェビナー】開発~運用保守までのサイバーセキュリティ対策を支援 Cybellum社が提供する脆弱性監視ソリューション

サイバーセキュリティ対応におけるソフトウェアの脆弱性管理をテーマとしたウェビナーをZoomを使ったライブ形式で開催します。

国連の自動車基準調和世界フォーラム(W29)にて、サイバーセキュリティ関連法規が策定され、国連規則としてUN-R155/UN-R156が発行されたことにより自動車業界ではサイバーセキュリティ対応が急務となっております。その中でもソフトウェア脆弱性の検出/対処/監視については、製品開発段階から量産を経て出荷後の保守運用段階で常に脆弱性の監視と対処が必要となってきます。

本ウェビナーでは、ソフトウェア脆弱性の検出~対処~監視までの総合管理プラットフォームを展開されているCybellum社をゲストに迎え、下記についてユースケースを交えてご紹介します。
・CSMS対応活動について
・脆弱性検証~監視
・PSIRT支援機能

サイバーセキュリティ対応は業界に関わらず、ネットワークに接続するシステムが増えている状況で「サイバーセキュリティへの対応が一つの品質の指標」となる時代に突入しており自分たちがどう対応すればよいか不安に思われている方は必見です。

*UN-R155:車両のサイバーセキュリティおよびサイバーセキュリティ管理システム(CSMS)
*UN-R156:車両のソフトウェアアップデートとソフトウェアアップデート管理システム(SUMS)



ご視聴にはWeb登録(無料)が必要になります。ご興味のある方は、ぜひお申し込みください。

開催日時

12月16日(木) 14:00 ~ 15:00〔ライブ配信(Zoom)〕

対象者

  • サイバーセキュリティ対応におけるソフトウェアの脆弱性管理に課題を抱えている方

参加

無料(事前登録制)

お申し込み

お申し込みはこちら

上記のボタンから移行できるWebサイトよりお申し込みください。本ページ下部および右上の「イベントに参加する」ボタンからのお申し込みは、本ウェビナーの受付フロー上推奨しておりません。

※本ページの「イベントに申し込む」ボタンより申し込みをされた場合(非推奨)※

・"TECH PLAY運営事務局"より申し込み完了のメールが届きますが、
 その時点では受付は完了しておりません。
・ご入力内容を確認させていただき、"イーソル株式会社"より3営業日以内に改めてメールをお送りいたします。
 受付状況は、そちらのメールでご確認頂きますようお願いいたします。
・TECH PLAY上で表示される受付状況と実際のステータスが異なる場合がございますが、ご了承ください。

注意事項

※お客様を優先させていただくため、同業者の方は、受講をご遠慮いただく場合があります。

※ご提供頂くお客様の個人情報は、本セミナーに関するご連絡、本セミナー開催にあたって付随する業務の実施のために利用するとともに、当社およびイーソルグループ各社、パートナー企業より実施される、製品・サービスのお知らせ・PR、各種イベント・セミナー・キャンペーンのご案内に使用する場合があります。また、当社は、外部の業者に業務の一部を委託する際に、業務委託先に対して、必要な範囲で個人情報を提供することがあります。