【無料:オンライン】Pythonデータ分析超入門

参加枠申込形式参加費 参加者
セミナー受講
先着順 無料 10人 / 定員15人

イベント内容

★授業風景を、こちら(動画)からご覧いただけます!

Python言語は、近年データ分析や人工知能の開発に活発に利用されているプログラミング言語です。
ビッグデータ・人工知能(AI)の活用が注目を集める中、統計解析や機械学習に使用されており、学会など学術的な場はもちろん、KaggleやSignateなどの各企業のデータサイエンティストが集まるコンペティションの場でも多くのデータ分析者がPythonを活用しています。
経営・マーケティング・医療・製造など分野問わずPython言語によってデータを活用して企業の問題解決や意思決定を行うことができる人材はより一層需要が高まっています。
今や、データを扱う全ての人たちが身につけるべきプログラミング言語となりつつあります。

プログラミング言語と聞くと文系の方や苦手意識のある方からは難しいイメージを持たれがちですが、実はPython言語の基礎文法は他の言語と比較して易しめで、かつ目的に合わせたライブラリと呼ばれる補助ツールを活用することで他の言語と比べて半分以下のコード量で開発を行うことができます。
さらに分析だけでなく集計や報告書作成などの業務自動化にも一役買うことができるため、Python言語を活用できることはデータに関わるビジネスを遂行する上で非常に心強いサポートになります。

本セミナーでは、Python言語の特徴や他の言語との違いを見ていきながら、Python言語を習得することでできることや仕事における活用手法、勉強の進め方について講義致します。
Python言語に興味がある方はもちろん、プログラミング言語の初心者の方や、学習を進めていく上で知りたいこと・聞きたいことがある方はぜひお気軽にご受講ください。

本セミナーは別日にも開催しております。
スケジュールが合わない場合は弊社Webページから他日程をご確認ください。
https://wakara.co.jp/course/11293

セミナー内容

・Pythonと他のプログラミング言語の違い
・Pythonでできること
※カリキュラム内容は進捗等によって変更されることがあります。

受講対象

・プログラミング言語「Python」に興味がある
・機械学習を含むデータ分析に興味がある
・人工知能(AI)に興味がある
・Pythonを使ってみたい

講師

岡崎 凌(おかざき りょう)

近年注目を集めるAI技術(Deep Learning)の全フロー(開発・実装・運用)を実施し、統計学と機械学習を中心にセミナー、企業研修、イベント講演、オンライン講義などを手掛ける。

大阪大学大学院卒業。初心者の簡単な統計の活かし方から、多変量解析学や機械学習など発展的な分析手法まで幅広く対応できるスキルを持つ。

さらに、近年注目を集めるAI技術(Deep Learning)の全フロー(開発・実装・運用)を実施し、統計学と機械学習を中心にセミナー、企業研修、イベント講演、オンライン講義などを手掛ける。

分野は前職の半導体工学分野のデータ分析をはじめ、医療統計、アンケート項目の設計と分析、集計データの可視化からメーカーの売上分析のコンサルティングなども行う。

※経営道場として名高い「澤田経営道場」にて統計担当講師。

ご参加にあたって(必ずご確認ください)

■開催当日は、以下の手順でご入場いただけます。
1. メニューよりマイページの「参加申込イベント」を選択
2. 本セミナーの「詳細ページへ」を選択
3. セミナー詳細ページの「オンライン配信情報」にある【配信ページを表示】ボタンを押すとzoomの会場ページに繋がります。

■開場は開催の約15分前となります。それ以前のご入場はお控え下さい。
■開催当日の電話対応はできかねます。お問合せはメール、もしくはお問合せフォームよりお願い致します。
■iPad等タブレットの使用は一部機能が制限される場合がございます。パソコン端末でのご参加を推奨いたします。