市場モデルとイベント分析(Excel) 午後の部

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 35,300円
現金支払い
0人 / 定員5人

イベント内容

イベント分析は証券市場で起きた事象(イベント)を合理的に説明するために欠かせない道具です。午前の部で説明する効率的市場仮説、資本資産価格評価モデルなどのノーベル経済学賞に輝く理論たちを土台に作られています。特定の事象の影響を分析することは決して容易いことではありません。モデルの理論的な理解も重要ですが、それ以上に試行錯誤を自らの手で行える知識と経験が必要となります。
本セミナーでは午前の部で学習した市場についての理論分析の手法を前提に、イベント分析の手法を理解していきます。エクセルを用いて、実際のデータを分析することで、データを操る能力と高い理解力が養われます。

第1部:はじめに
・ イベント分析の概要
・ マーケット(市場)モデルの構築
第2部:理解を深める
・ モデルの合理的評価方法
・ 付随的要因
・ イベント分析の信頼性
・ 演習:エクセルによる過去データを用いたイベント分析

■本セミナーに参加して修得できること
イベント分析のもつ可能性が理解できます。エクセルシートを用いて視覚的に理解していきま す。今までにない発想でイベント分析をとらえることができます。 時間が許せば和分、共和分にも触れます。
■受講対象者
統計に関して「超初心者」の方を対象としています。証券の価格データのイベント分析を行いたいがどうすれば良いかわからない、部下のデータ分析を理解したい、金融市場のイベント分析の本質を理解したい方などが対象です。
■ノートブックパソコンは持ち込みが原則です。
PCには事前にExcelがインストールされている必要があります。 参考文献:
「目で見て分かるデータ分析」アマゾンkindle出版予定
事例研究証券訴訟不実開示の法的責任(清文社)
商事法務NO.2071 株式取得価格決定におけるマーケットモデルを用いた回帰分析の具体的な方法論

【講師紹介】Quasars22 Private Limited(Singapore),Director,MBA,MBA,MSc,。主な著書に「Python3ではじめるシステムトレード」(2016,パンローリング)。主な論文に「金融市場の安定、多重性の増加、取引戦略の役割」企業研究第30号(2016年3月)、「シンガポールの金融ビジネスの可能性とそれを支えるシステム」企業研究第29号(2015年8月)がある。主な訳書に「シュワッガーのテクニカル分析」(1999、パンローリング)、「物理学者ウォール街を往く」(2005、東洋経済新報社)。

1名につき35,300円
(消費税、参考資料を含む)
1社2名以上同時に参加お申込みいただいた場合、お2人目から1名につき30,000円。追加申込みの場合はその旨ご記入下さい。 本セミナーには午前と午後の部があります。午前・午後一括お申込みの場合は、60,000円(お二人目から58,000円)の特別料金となります。

申込:金融財務研究会 ホームページ  https://www.kinyu.co.jp/seminar_detail/?sc=k220055

〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル
TEL 03-5651-2030  FAX 03-5695-8005

ファックス又は郵便にて参加申込書をお送り下さい。上記ホームページの申込欄からもお申込いただけます。折り返し、受講証と請求書を郵送致します。参加費は下記の普通預金口座に開催日前日までにお振込み下さい。(但し経理の都合等で間に合わない場合は、ご連絡いただければお待ちいたします。)又当日ご参加になれなかった場合、当社および経営調査研究会主催の他のセミナーに無料でご出席いただけます。(但し新しいセミナーの参加費との差額が2,000円以上の時は差額をお支払いいただきます。また、振替は1年以内にお願いいたします。) ご記入いただきました個人情報は、当社および関係会社の受講者名簿の整備や今後開催される セミナーのご案内等に使用します。
普通預金 口座名 (株)金融財務研究会

三菱UFJ銀行 本  店 1642356 三井住友銀行 本店営業部 7397637
三菱UFJ信託銀行 本  店 2818151 みずほ銀行 東京営業部 1427715
三井住友信託銀行 本店営業部 2993982 りそな銀行 東京営業部 1693669