Mendixプログラミングコンテスト 2022

参加枠申込形式参加費
コンテスト応募
先着順 無料

イベント内容

欲しいのは、アイデアです!
世界をリードするローコード開発環境で、日本初めてのプログラミングコンテストに参加しよう!!

日程:2022年4月1日(金)~5月25日(水)23時

開催方式:予選:本サイトから応募 決勝:プレゼンテーション
主催:シーメンス株式会社

ご参加対象:ローコードに関心がある方なら誰でも! シチズン・プログラマーの皆様はもちろん、普段企業内でプログラミングをされている方からの応募も大歓迎です!!
応募条件は、プログラミング言語:Mendix Studio Pro を使うというだけ。

アプリケーションは****自由に考えてください!
独創的なアプリケーション、実務に役立つアプリケーション、そして使って楽しいアプリケーション、なんだか良く分からないアプリケーション、どんなアプリでも大歓迎です。

アプリケーションの例:例えば、

  • 学校や会社の中でのイベントを管理するポータル
  • 面倒な承認プロセスを支援するツール
  • Microsoft Teamsと連携して役立つツール
  • IoTを用いたリモートモニタリング・自動アラートツール
  • 新入社員や新入生をあたたかく迎えるためのオンボーディング・ツール などなど

Mendixの実際のお客様事例はこちらでたくさん紹介されています(英語) → Mendix Customer Stories & Testimonials - Low-Code Solutions
Marketplaceでは様々なテンプレートが利用可能です(英語) → Mendix Marketplace - Home
利用するテンプレートを選んで使えば、すぐに希望アプリの原型が作成できます。

利用方法:フリーライセンス版利用
応募方法
(1) Twitter @MendixJ をフォロー (Facebook @mendixj も可)。もしSNSアカウントをお持ちでない場合は、本フォームにてメールアドレスをご記入願います。
(2) 本フォームよりイベント参加申込:できる限り早く申込を!
(2) 指定タグ #MendixJcontest をつけて動画もしくは静止画を投稿(途中版、アイデアだけでもOK!)
(3) 投稿リンクをDM (TwitterもしくはFacebook)で送付
<ご注意> SNSでの公開非希望の場合は、動画もしくは静止画をコンテスト運営事務局までご送付願います。YouTubeやVimeo等の非公開URLの送付でも結構です。

審査基準:以下の諸点を判断いたします。

  • 指定テーマとの整合性(10点)
  • 使いやすさ(10点)
  • 完成度(10点)
  • 実務への有用性(10点)
  • 新規性・独創性(10点)
  • 実現可能性(10点)
  • 決勝ラウンドでは上記基準に加えて、プレゼンテーション結果を反映します(20点)。

賞品*

  • 最優秀作品(1組)iPad
  • 優秀作品(4組)Apple Watch
  • 奨励賞(5組)AirPods
  • その他協賛スポンサー各賞を用意
  • (*)ただし公務員・みなし公務員、シーメンス株式会社社員への賞品提供は不可

審査方法

  • 期限までに提出されたアプリの中から、ファイナリスト5名、奨励賞5名を決定
  • 6月15日開催のMendix  Japan Day 2022にて決勝ラウンドにて最優秀作品を決定
  • 審査員:Mendix Japanおよび外部審査員(Mendixパートナー企業)

今後のアップデート

  • 本コンテストの説明ビデオをYouTubeで視聴できます。TIPSもありますので、「再生リスト」のコンテスト紹介ビデオをぜひご覧ください。
  • Twitter @MendixJ もしくはFacebook @mendixj にて役立つ情報をアップデート
  • なお、決勝ラウンドのみ視聴希望の方は、Mendix Japan Day 2022にお申込み願います(参加料金無料)。申込はこちら



問合せ先 
コンテスト運営事務局 東田(ヒガシダ) toshihide.higashida@mendix.com