データサイエンスとしての心理学【参加無料】

参加枠申込形式参加費
オンライン参加
先着順 無料

イベント内容

データサイエンスとしての心理学

概要

心理学にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
実は世間一般で知られている心理学と,アカデミックな心理学には違いがあります。

このセミナーでは,研究開発向けのコンサルティングを行う株式会社イデアラボが,
**「ヒトの心を測定し,科学として研究する」**心理学の考え方をご紹介します。


お話する内容

1.サイエンスとしての心理学
  自己紹介
  心理学ってなに?
  心理学のデータ測定方法
  脳科学は正しい?
  データは多いほど正しい?

〜休憩(5分)〜

2. イデアラボとは?
  会社紹介
  事例紹介
  質問コーナー
  イデアラボからのお知らせ

※ 当日お話する内容に若干の変更がある可能性があります

登壇者

image

澤井 大樹

株式会社イデアラボ
代表取締役

関西学院大学大学院文学研究科博士課程前期課程心理学専攻にて修士(心理学)取得後、エンジニアリング企業にてマーケティングサイエンスに関するコンサルティングに従事。

2010年に株式会社イデアラボを設立。

筑波大学大学院人間総合科学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得退学。

専門領域は知覚心理学、生理心理学、精神物理学。
ヒトの状態や情報処理過程、ヒトとモノの関係性を生体計測データなどから定量的に検討するため、人間工学、感性工学、Human-Computer Interaction、Human-Agent Interaction、人工知能などの研究分野も扱う。

日本認知心理学会 社会連携委員


このような方にオススメです

  • ビジネス現場の課題を,アカデミックな枠組みで紐解きたい方
  • R&D研究部門の方
    • 製品開発に心理学の知見を取り入れてみたい
    • 使いやすい,わかりやすいなどのユーザビリティ,UXを評価したい
  • マーケティング部門の方
    • 顧客のより本質的なニーズにたどり着きたい
    • 現状のアンケートや調査方法に疑問がある
  • 人事,経営企画部門の方
    • 社員の意見や満足度を深堀りする方法を知りたい
    • 組織のパフォーマンスを改善したい



※心理学について初めて聞く方にもオススメの内容です
※2021年10月22日に実施した内容と同様です

参加費

無料

★受講者は後日,オンラインでの個別相談会に参加いただけます

イデアラボとは?

イデアラボは,心理学に特化した「研究開発・R&D向け」のコンサルティング企業です。

研究員は全員心理学分野での博士号を持っており,企業の課題に対して心理学の視点でアプローチします。
「心や行動をデータで捉え,ヒトを科学する」というアカデミックな心理学の視点から,10年以上製品開発や研究のサポートを行っています。

過去の有料セミナーの開催レポートはこちら

よくわかるオンライン実験
https://note.com/idealab/n/ne6925c9bd3be

開発担当者向け心理学講座 〜実験計画編〜
https://note.com/idealab/n/n306b69b6116f

注意事項

  • イベント内容の録画,録音,撮影はお断りいたします