共創により実現したプロジェクトの成果発表 #サイン転売抑止 #AI就活アドバイザー #副業マッチング #共感型ふるさと納税 など【BAK CONNECTING DAY #06】

参加枠申込形式参加費
一般
先着順 無料

イベント内容

概要

BAK(ビジネスアクセラレーターかながわ)は課題解決に取り組む企業と、斬新なアイデアや優れた技術を持つベンチャー企業との共創によって、新たな事業に繋がる出会いを生み出す神奈川県の取組です。
今回は、昨年(2021年度)に生まれた共創プロジェクトの成果発表会です。

AIによるサイン入りユニフォームの転売抑止プロジェクトや、AIによる就活アドバイスアプリ、コロナで多大な影響を受けている飲食店に向けてスキルを共有する副業マッチング、ふるさと納税自動販売機を活用した共感型ふるさと納税など、面白いプロジェクトが成果を発表しますので、是非ご参加ください!

※「ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK:バク)」とは…
神奈川県では、県内に拠点を持つ大企業と質の高いベンチャー企業による事業連携プロジェクトの創出と、オープンイノベーションに向けたコミュニティ形成を目的として、大企業・ベンチャー企業・研究機関・支援機関等に参画いただく協議会「BAK」を運営しています(参加企業343社:2022年4月時点)。BAKでは、企業が抱える課題や実現したいテーマに基づき、大企業等とベンチャー企業のマッチングを行い、事業化に向けた支援を行っています。


【成果発表プロジェクト】

①「サイン入りユニフォーム転売抑止エンジンシステムの開発」
株式会社川崎フロンターレ×株式会社エフィシエント
選手のサイン入りユニフォームがネット上で転売された際に、AIにより出品者を推定できるシステムを開発。これにより、転売の抑制・抑止に繋がる仕組みづくりにチャレンジしているプロジェクト

②「AI面接練習アプリ steachの開発」
株式会社ジェイック×株式会社エフィシエント
コロナ禍での面接練習に苦慮する就活生を救う、一人で手軽に面接力を向上させるAIを使った面接練習アプリ開発プロジェクト

③「小田急チャレンジコネクト」
株式会社小田急SCディベロップメント
自身のスキルを活用したい副業希望者と厚木市内の飲食店事業者をマッチングさせ、新たな価値を生み出すプロジェクト

④「共感型ふるさと納税の取組~IoTふるさと納税自動販売機と観光施設の連携~」
藤田観光株式会社×グローキーアップ株式会社
地場産品や観光体験に魅力を感じ、共感した観光客が、その場で訪問先の自治体にふるさと納税ができるプロジェクト。箱根町の小涌園ユネッサンにて新たな取組を開始しました。



【こんな方におすすめ】
◎スタートアップとの共創を希望する事業会社
◎神奈川県のスタートアップと繋がりたい事業会社
◎ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK)に関心のある企業
など

タイムテーブル

16:00~ オープニング
16:05~ ビジネスアクセラレーターかながわ(BAK:バク)の取組について
16:15~ 4プロジェクトのピッチ【ピッチ10分+質疑応答5分×4チーム】
17:15       全体まとめ、クロージング
17:30        終了
※ 当日予告なく内容が変更になる可能性がございます。

主催・運営

image

参加費・参加方法

無料
オンライン(Zoom)開催 (参加方法は別途ご案内させていただきます)

注意事項

※ 営業、勧誘目的でのイベント参加はお断りいたします。
※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。