Web広告はもはや個別媒体の最適化では改善しないワケ。~Web”広告効果”の頭打ちは錯覚だった~

参加枠申込形式参加費
無料ウェビナー参加枠
先着順 無料

イベント内容

※現在、Web広告を配信している広告主様限定セミナーです。
※同業他社様のお申し込みはご遠慮ください。

かつて、Web広告の運用は難易度が高く、人的リソースによる細部のチューニングを必要としていました。
しかしGoogleとFacebookを中心とした広告媒体による自動最適が急速に進化し、広告運用がコモディティ化しつつあります。

現代においては、個別広告媒体で各論の施策を打ってもほとんど広告効果は改善しません。
人手をかけずとも、自動最適が既にほとんどの各論施策を網羅できているためです。
それにも関わらず日本においては、日々の改善活動が、各論の個別施策に寄っているプロジェクトが大半を占めています。

このような状況において、広告効果を改善するために必要なことは、下流工程の実行ではなく、
上流工程のコンセプト・戦略デザインから改善施策を立案し、正しい仮説検証の活動を地道に継続することです。
いわば、本来の「マーケティング思考」でWeb広告の改善活動をすれば、ほぼ確実に広告効果を改善することができます。

本セミナーではマーケティング思考でのWeb広告改善を誰でも行動に移せるよう、具体的なプロセスを説明します。
情報として飽和している個別の方法論を解説しているセミナーとは一線を画す内容になっておりますので、是非ご参加下さい。

株式会社PIGNUS Webマーケティング事業部
佐々木 惇也

新卒でセプテーニに入社し、リスティング広告を中心とした運用業務に従事。
社内でもTOP3に入る最大手企業の運用を担当し、大きな功績を残す。
PIGNUS入社後も広告運用を担当しつつも、別代理店の運用部隊の組織構築の支援など、幅広く手掛けている。

※累計担当クライアント数:97社/単月最高運用額:9,500万円/平均改善率:107~135%