【PM/SEの経験が活かせる】分析・戦略立案のコンサルワークを体験する120min!デジタルの力で「何を生み出し」「課題を解決する」か?

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
抽選制 無料 55人

※ 抽選結果は、2022/06/24 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

概要

【有限責任監査法人トーマツ社 × TECH PLAY ISSUE COMMITTER 企画】

「どう開発していくか」を突き詰めていくSE・PM業と
「なにを作るべきか」を考えるコンサルワーク。

今回のISSUE COMITTERでは有限責任監査法人トーマツ社で行うコンサルワークを疑似体験していただきます!

より詳細なテーマは当日にお伝えしますが、今回のワークでは
「人々の生活をより良くするためのDX戦略」について考えます。

引っ越しや結婚、コロナ対策など…人生において重要なフェーズにこそ
国や行政のDX化の重要性を実感するのではないでしょうか。
直近のDX化における好事例だと某決済アプリと行政がアライアンスを組み、
若者への行政サービスの浸透が進んできているなどの事例が分かりやすいものとしてあります。
一方で、コロナ給付金の手続きにおいて行政と銀行がフロッピーディスクでやりとりをしていたことが一要因となり
大規模な誤振込が起きてしまった…など、現在の行政においては
DXにおける新体制・旧体制が混在しているのが実態です。

では、どうすれば私たちの生活はより豊かに・便利にしていくことができるのでしょうか?

今回はワークの課題を通して、DX戦略のアイデアを検討していきます。
※各課題はチームで取り組んでいただき、トーマツ社のアドバイスもあるのでご安心ください!

プロジェクト推進やロジカルシンキング、リサーチ、技術検討、企画設計などを通して
どのスキルが自分の強みか?伸ばしていけるか?見つめなおす機会になるかもしれません。

自分自身で手を動かしてリサーチし、表面上では分からない課題を新たに見つけ
社会に活かすソリューションを考え・実現していきたい方へおすすめのイベントです。

イベントの最後には部門の現役コンサルタントからFBタイムも設ける予定です。
自分の力がどこまで通用するか、この機会にコンサルワークを体験してみませんか?

(イベントの内容)

  • デジタル×公共向けサービスに関する最新事情
  • コンサルワークをする上で重要な思考のコツについて
    (仮説思考、フレームワーク思考、抽象化思考のポイントetc.)
  • チームディスカッション(リサーチ、ディスカッション、企画検討etc.)
  • オブザーバーから講評

スケジュール

  • オープニング
  • 本日の運営の流れ/ルール説明
  • 会社説明・事業紹介
  • ISSUE・事例の紹介
  • チームディスカッション
  • 発表&オブザーバーからの講評
  • クロージング

応募要項

イベントへの参加は、参加申し込み数が定員を超えていた場合、抽選とさせていただきます。
定員を 20 名とさせていただきます。
抽選結果は、登録いただいたメールアドレス宛に後日ご連絡します。
チーム (1チーム4-5人)に分かれて参加いただくことを前提とします。
チームの振り分けは当日運営側でランダムに行います。

※配信URLは、当選者に対し本ページ上にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:02 オープニング
19:02〜19:05 イシューコミッターの流れ&本日の運営の流れ/ルール説明
19:05〜19:08 会社説明・事業紹介
19:08〜19:27 事例紹介・イシューの紹介&ワンポイントアドバイス
19:27〜19:28 チーム構成について
19:28〜20:11 チームディスカッション
20:11~20:47 発表&オブサーバーからの講評
20:47〜20:57 求人説明
20:57〜21:00 クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

松本 清一
有限責任監査法人トーマツ
マネージングディレクター
SIベンダーから、事業会社を経て現職。主に、金融機関、小売業、製造業を対象として、システム設計やデータ分析業務に従事。 システムアーキテクチャ設計やDB設計、分析プラットフォーム構築、AIやIoTの導入、デジタルマーケティングやマーケティングオートメーションによるCRM業務高度化、分析組織立ち上げなどの経験を通じて、End to Endでのデータ分析に強みを持つ。
山本 優樹
有限責任監査法人トーマツ
シニアマネジャー
大手家電メーカーの日本及び海外拠点の研究開発職を経て現職。オーディオ・テキスト・画像領域でのAI・機械学習の研究開発において15年以上の経験を有し、その成果物を製品、サービス、国際標準に広く導入した。現職ではデータ分析、AI、技術、データに広く関わるアドバイザリー業務に従事。近年はAIガバナンスの高度化支援に注力。
三枝 聡
有限責任監査法人トーマツ
マネジャー
大学院修了後、商社系SIerにて、DWH構築やBIシステム構築など情報系システムの開発から運用に至るまで経験。 現職では、幅広い分野・業態に対してデータ分析を活用したアドバイザリー業務等に従事。近年は、ライフサイエンス領域を中心としたRWDを活用したDB研究の実行支援を担当しつつ、データ利活用組織の新規立ち上げやAI/データガバナンスに係るアドバイザリー業務へも注力。
巻口 歩翔
有限責任監査法人トーマツ
シニアスタッフ
大手ITコンサルティングファームにて、スポーツチーム向けのITコンサルティング業務及び、デジタル化・データ分析支援を経て現職。トーマツでは主に企業のデータ分析の高度化に係るアドバイザリー業務及びAIガバナンス高度化支援に従事。 日本ディープラーニング協会(JDLA)AIガバナンス分科会研究員。
松本 光洋
有限責任監査法人トーマツ
シニアスタッフ
マーケティング会社にて、データを活用した事業開発や経営指標モニタリング、コンサルティング、広告最適化などに従事。監査法人トーマツ入所後、会計データを中心とした分析や、アナリティクス活用、ガバナンス体制構築等に関する、アドバイザリー業務及びプロジェクトマネジメント業務に従事。
原嶋 瞭
有限責任監査法人トーマツ
スタッフ
日系SIerにて官公庁に対し業務システム改善に関する提案や、AIを用いた業務改革の支援等を経験し現職。トーマツ入所後は官公庁向けのDX事業や通信業向けの新規事業策定に関するアドバイザリー業務に従事。画像処理、自然言語処理に関する知見を有する。2021年より東京大学客員研究員。

参加対象

  • デジタル×公共向けサービスに興味がある方
  • コンサルワークに興味がある方
  • SE・WEBエンジニア(コンサル未経験者歓迎)・PM

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

申し込みは締め切りました