【全国参加可】現役エンジニアが講師!クラウドセキュリティオンラインセミナー

2022/08/20(土)10:00 〜 12:00 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
クラウドセキュリティオンラインセミナー
先着順 無料 5人 / 定員50人

イベント内容

【全国参加可】現役エンジニアが講師!クラウドセキュリティオンラインセミナー

概要

※本セミナーはZoomにてオンライン開催いたします。事前にZoomの設定確認をお願いいたします。
※視聴URLは前日までにTECH PLAYより配信いたします。必ずTECH PLAYのドメインが受信できるか事前にご確認ください。
いまやクラウドサービスの利用は一般的になりつつあり、リモートワーク等ワークスタイルの多様化で 場所を問わず利用できるクラウドサービスの活用や、昨今の日本企業内で最重要施策とされているDX推進に伴い、 インフラのクラウドシフトが急速に進みつつあります。

一方で、コロナ過以降ネットワーク変動によるセキュリティへの攻撃がさらに活発化し 従来のセキュリティ対策やさらに進化していくサイバーセキュリティ等の攻撃に対応できない課題も出てきており、 クラウド環境特有のセキュリティ対策としても重要性が高まりつつあります。

そこで今回は、セキュリティクラウドの利用において本当にあったこわい実話をもとに コロナ過におけるネットワークの変化で実際に起きた攻撃事例を踏まえて、 サイバー攻撃の対象とされているポイントや事例から学ぶ教訓など、 インフラ領域において第一線で活躍しているクラウドエンジニアを講師とし、 『クラウドセキュリティ』をテーマにした座学コンテンツをご講義いただきます。

セキュリティの需要性を感じている方、 今このクラウド時代に求められる『クラウドセキュリティ』にご興味ある方はぜひ、ご参加ください!

☆このような方にお勧め☆

・ITエンジニアやIT業界に興味があり、学習中の方
・インフラエンジニアもしくは開発エンジニアからセキュリティエンジニアへステップアップを目指されている方
・クラウドセキュリティに関する知識を習得したい方

アジェンダ

■セキュリティ-クラウド利用の落とし穴
 ・セキュリティ-クラウド上のデータ情報流出
 ・事例から学ぶこと
 ・ゼッタイOUTな設定とは
 ・アカウントの乗っ取り事例
■コロナ以降の企業ネットワーク構成のトレンド
 -コロナ対応で企業のNWはどう変化したか   
 -マルウエア、機密情報流出事例ケース
 ・攻撃ポイント1(SSL VPN)ゼロデイ脆弱性 Fortinet
 ・攻撃ポイント2(SaaS) Microsoft 365
※攻撃と正常な利用の見分けがつかない?!

■開発やネットワーク構築等の現場で求められる知識とは?!

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

岐津 尚久 氏 (Kizu Naohisa)

【プロフィール】
・大手IT企業にて法人顧客向けポータルサイトの開発・運用を担当
・2016年からPythonを使用した開発に従事
・クラウド基盤を利用したインフラ設計・構築も担当

参加対象

■セミナー当日までに、当社マイページにご登録頂ける方(既に登録済みの方は新規登録不要です)
 ・マイページとは・・・お仕事・技術セミナー紹介プラットフォームになります。(費用はかかりません)
  https://www.pasonatech.co.jp/staff/user/request.html
※定員を超えたご応募となりましたら誠に恐れ入りますが、抽選とさせていただきます。
※同業他社様のご参加はご遠慮いただけますよう、お願い申し上げます。

事前準備

・ご本人PC
・インターネット環境の確認
・本セミナーはZoomにて配信いたします。事前にZoomのダウンロードなどのご準備をお願いいたします。
※Zoomの接続テストサイト( https://zoom.us/test )にて、事前にご確認いただけると安心です。

参加費

無料

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

運営

IT/インターネット分野およびエンジニアリング分野における
派遣・紹介・アウトソーシング・クラウドソーシング事業
https://www.pasonatech.co.jp/about/
ご意見・お問い合わせは『seminar02@pasona.tech』までお願いします。