求人DX:Googleしごと検索に自社求人ページの情報を表示させる方法〜採用ページ最適化(求人SEO)

2022/08/28(日)13:00 〜 14:00 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
採用ページ最適化:求人SEO
先着順 無料 定員30人

イベント内容

企業を成長させていく上で、「ヒト」の問題は常に付きまといます。
自社に合った人材をいかにたくさん獲得できるか。これは企業の成長力に大きく影響するものだからです。
とは言え、採用には、その前段階でコストがかかります。それは「求人広告費」です。

求人はフリーペーパーなどの紙媒体からWeb媒体までさまざまですが、一様に高価格帯なものが大半です。
それでも広告掲載料に見合うだけの効果が上がっていれば納得もできるのでしょうが、多くの中小企業にとっては、求人広告にかかるコストが高すぎるといった印象を持たれているのが実情でしょう。

そのような観点から、
現在では「求人募集には広告費が必須」という常識が水面下で覆ろうとしている現実をご存知でしょうか?
自社内で自社ドメイン下に求人サイトをつくり、求人広告費を抑えながら、優秀な人材を低コストで獲得している企業が増えています。

ここでは、その方法と実例を紹介していきます。
求人にお悩み、あるいはずっと課題感を抱えていたという皆さんに参加いただきたいと考えています。

実は、絶大なコストパフォーマンスと恩恵を与えてくれる「求人サイト」



社員一人あたりの採用コストは、年収のおよそ30%程度とも20〜100万円程度とも言われています。
ある報道によれば、各社が1年間で「求人広告」に掛けた費用は平均353万1,200円となっています。その費用は会社が存続する限り、ずっとかかり続けます。仮に、社員1人あたり50万円かかるとすると、10人採用するには500万円の「広告費」がかかっていることになる計算です。



あなたの会社の求人ページ、どのようなものですか?

あなたの会社の理念や業務内容に共感した人が集まる仕組みを構築すること



求人広告だと、掲載枠という制約があるので、どうしても情報量に限界があります。コストをかけて広告枠を増やせば、その分の情報も多く載せられますが、いかんせん、利益を圧迫してしまいます。求人募集の表現にも制約があることも頻繁にあります。が、自社専用の求人サイトであれば、掲載できる情報や表現の幅は無限に広がります。例えば、写真や動画などで業務内容をわかりやすく伝えることもできますし、会社の良いところを不自然な形ではなく、当事者の思うイメージで伝えることができます。
それは、
「働いてみたら、イメージと違った」というようなすれ違いや誤解を生むことを極力なくし、さらに社員への教育コストなども軽減することに繋がります。

先進的なデザインで、企業のイメージアップができれば、質の高い人材の獲得に繋がるはずです。

求人特設サイトへの集客は、主に3つあります。


  1. 広告
  2. 自社の関連メディア(他のサイトやSNS)
  3. 自社サイトで集客



「広告」は、この求人サイトにアクセスが集まるよう、広告を出稿するということ。ここで集めたアクセスは、あくまで自社サイトに集まるものなので、広告媒体に掲載費用を支払うといったような形で消失するものではなく、後に繋がる可能性を秘めたものと認識できます。これは、求人媒体への掲載費用よりもずっと安いはずです。

次に「自社の関連メディア」は、自社で所有しているブログや他のウェブサイト、SNSからの集客です。最後は、採用サイト自体からの集客を行なうということです。コンテンツを更新していくことで、自然とアクセス増に繋がるので、その点も有利と言えます。また、採用サイトで集めたアクセスは、自社商品やサービスのページへと誘導することももちろん企業活動にとっても有効でしょう。

採用サイトにおけるSEOの重要性



現在は、この3つに加えて、ユーザーの検索行動から集客できる仕組みが生まれているということをしっかり解説します。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」です。
SEOは、Web集客において必須と言っても過言でありませんが、採用サイトへの集客においても同じことが言えます。求人SEO と呼称したいと思います。

ここでは、SEO一般が大切なのは間違いありませんが、いわゆるSEOだけに注力しただけでは採用の効果が見込めません。

それを詳しく解説します。


独自採用サイトは、転職希望者だけでなく、顧客にも安心を与えます。



独自採用サイトには、会社の雰囲気をわかりやすく伝えるためのコンテンツが必要です。そして、そのサイトは転職希望者だけでなく、顧客や取引先などすべての関係者にも見られることになります。会社の中にいる人の人間性が感じられることで、親しみ・共感などを呼び、言い方を変えれば、新しい視点から顧客にアプローチできるとも考えられます。



このセミナーでは、採用を進めるにあたっての従来型の古い考え方から脱却し、「今風な」新しい採用活動のあり方を探りながら、新しい仕組みの提案をするというものです。

結果的に、驚くほどに大きな費用の縮減が可能となるケースもあります。
そのために、必要な知識。
実現するための方法、さらにそのような採用活動の変化に依ってなにが生まれると推測されるか、などを詳しく解説していきます。

話者:
野田収一
1966年生まれ。
- 大学卒業後、愛知県地場書店チェーンにて書店店長
- 1998年、株式会社リクルート(名古屋支社)にてWeb推進Gメンバーとしてインターネット事業を牽引。1998年当時、在名の著名企業の殆どのWebサイトを制作した実績があります。その後も、求人サイトを200社程度制作しました。
- 2008年、独立起業。2013年1月から上京して、Webマーケティング分野を基盤にフリーランスとして活動開始。
- 2018年、株式会社MILIMILIを設立。事業として、ブロックチェーンに取り組む。

セミナー開催日は、
2022年08月24日(日)
13時〜14時
となります。

上記日時以降も、
同様の内容で開催の予定をしています。



※セミナー参加者特典として、求人ページの無料診断を行ないます。
※セミナーへの参加方法を記載したメールをお送りいたしますので、1社から複数名様がご参加される際は1名様ずつお申込みください
※セミナーの最後に、アンケートへのご協力をお願いします。