IT障害ゼロを目指すために:統合監視製品とSystem Answer G3の機能連携・棲み分け運用の効果をご紹介 ~ より一層複雑化する企業のITインフラ環境を守る ~ @ Zoom

2022/11/17(木)13:00 〜 14:00 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
TECH PLAY枠
先着順 無料 1人 / 定員100人

イベント内容

IT障害ゼロを目指すために:統合監視製品とSystem Answer G3の機能連携・棲み分け運用の効果をご紹介 ~ より一層複雑化する企業のITインフラ環境を守る ~ @ Zoom

コロナ禍によるリモートワークの普及、クラウドサービスの利用拡大、DX に向けた IT 利活用の促進など、企業における IT サービスの重要性は年々高まっています。このような時代の流れを背景に、IT インフラ環境自体も複雑化し、その管理や監視のあり方、要求事項も多岐に渡るようになりました。

複雑化する運用監視の仕組みを体系化し、起こりうる障害を未然に防ぐためには、監視製品をどのように活用していくべきなのでしょうか。

本ウェビナーでは、国内のメジャー統合監視製品と IBC の性能監視・情報管理ソリューション「System Answer G3」の連携・棲み分けの例を交えながら、IBCが重要と捉える「障害予防と問題特定最短化」のアプローチを実現する方法をご紹介します。

<こんな方におすすめです>
■統合監視製品をご利用中の方
■System Answer シリーズを有効活用したい方
■運用工数や定型業務の効率化に取り組んでいる方

※セミナータイトルやプログラム内容は予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

概要

日時 :2022 年 11 月 17 日(木) 13:00 ~ 14:00
定員 :100 名(定員になり次第、締切らせていただきます)
費用 :無料
開催方法: Zoom
    (PC またはスマートフォンをご用意ください。Zoom のアカウントがなくてもご参加いただけます)
申込方法 :以下 URL よりご登録ください。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。
     https://ibc21-co-jp.zoom.us/webinar/register/5316660696340/WN_WIXAchYuSHKc3GGwEsvGQA
内容 :
・国内のメジャー監視製品群について
・各製品とG3の連携・棲み分けの例と効果のご紹介

対象:
・統合監視製品をご利用中の方
・System Answer シリーズを有効活用したい方
・運用工数や定型業務の効率化に取り組んでいる方

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。