【参加無料 リピート開催】Excelを使っている方必見!Pythonで始めるExcel業務自動化セミナー

2024/02/28(水)19:00 〜 20:00 開催
ブックマーク

Winスクールオープンセミナー事務局が次に開催するイベントはこちら

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 7人 / 定員100人

イベント内容

セミナー詳細

※2024年1月24日に開催いたしましたセミナーにつきまして、大変多くのご参加とご好評をいただきましたので、編集し再配信を行うことにいたしました!ぜひご参加ください。

普段の仕事でExcelを使って業務を行っている方や、RPAについて興味がある方におすすめ!
このセミナーでは、プログラミング言語「Python」を用いたExcelとの連携の方法を、わかりやすく実演します。Excelを自動的に操作するプログラム手法を学習して、業務効率改善のためのイメージが理解できるきっかけセミナーです。

このセミナーで身につくこと

Pythonに対する理解

Excelとの連携・データ分析で注目されるPythonの特徴が理解できるようになります。

業務自動化(RPA)に対する理解

パソコンで行っている作業を自動化できるソフトウェアロボット技術の特徴が分かります。

PythonのExcelとの連携

PythonでExcelを操作する方法について分かります。

こんな方におすすめ

  • DX推進・RPA導入の第一歩を踏み出したい方
  • 定型業務を自動化・効率化したいと思っている方
  • データ分析以外にもPythonを実務で使ってみたい方

セミナー実施内容

Chapter1はじめに

  • Pythonとは何か
  • 業務自動化(RPA)の概要

Chapter2:データ分析実演

  • Microsoft Excelとの連携
  • 業務自動化(RPA)の実演
  • 結論

Chapter3:まとめ

  • Python Winnerのご紹介
  • 質疑応答

*構成内容や開始と終了時間帯に変更が出る可能性があります。

講師紹介

講師 稲垣 剛(Python Winner講師)

登壇講師からのメッセージ

皆さんこんにちは。私は今から10年近く前に大規模数値計算を行った結果を整理してプレゼンテーション用に加工する目的でPythonを使い始めましたが、Pythonの学習コストと比較した使い勝手の良さに魅了されてしまいました。
今回のセミナーではデータ分析や機械学習・深層学習と並んでPythonが良く利用される、**RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)**をご紹介したいと思います。実際に実務でデータ分析を行う際データ収集や加工が必須になってきますが、Pythonを用いたRPAを使うと業務が非常に効率化されます。 これから実務で業務自動化などDXを推進したいと思っている方は是非このセミナーに参加してください。どうぞよろしくお願いいたします。

関連するイベント