TOP

データ転送ミドルウェア勉強会

データ転送ミドルウェア勉強会

参加枠申込種別参加費定員
一般
先着順 無料 181人 / 定員200人

イベント内容

データ転送ミドルウェア勉強会

概要説明

HadoopやSparkなどのOSS,AmazonやGoogleやTreasure Dataなどのクラウドサービスの登場により、データ解析そのものの敷居は下がりつつあります。
今回の勉強会では、解析の中でも重要なステップであるデータ転送を扱うミドルウェアについて情報交換をするイベントです。

タイムスケジュール

時間 講演内容
18:30 - 開場
19:00 - 19:05 司会よりご挨拶
19:05 - 19:45
『バルクデータロードツール「Embulk」リリース 〜 fluentdの柔軟性と堅牢性をバルクでも』
 トレジャーデータ 古橋貞之氏

新しいOSSツールをリリースします。
fluentdのバッチ版のような、あらゆる挙動をプラグインの組み合わせで実現可能するアーキテクチャについて紹介します。
フィードバックを募集中!
19:45 - 20:15
『世界で利用されるファイル転送ツールHULFT』
 セゾン情報システムズ HULFT事業部 庄司吉徳氏
20:15 - 20:40
『Fluentd 2015 - v1に向けて -』
 トレジャーデータ 中川真宏氏
20:40 - 20:50
『H2O - HTTPを、より便利に、より速く』
 ディー・エヌ・エー 奥一穂氏
21:00 - 22:00 懇親会

参加費

無料
本イベントは終了しました
2015/01/27(火)
19:00〜22:00
本イベントは終了しました
参加者
181人 /定員200人
会場
SAPジャパンビル セミナールーム
東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル