LINE Developer Meetup in Fukuoka #17

イベント内容

LINE Developer Meetup #17

LINE Fukuokaです。17回目となるLINE Developer Meetup in Fukuoka #17を開催いたします。

今回はデータ分析チームのメンバーが機械学習とデータ分析を支える基盤について発表します。

※ 申し訳ありませんが、現在エンジニアの方、またはエンジニア志望の学生の方という基本的にプログラミングに関わっているみなさまにご参加いただければと思います。

日時

2017年02月23日(木) 19:30~21:30 (開場 19:00)

場所

LINE Fukuoka株式会社

〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多中央街8-1 JRJP博多ビル12F

https://goo.gl/maps/X9kdcCzsMJs

予定

  • 19:00~ 開場
  • 19:30~ 乾杯
  • 19:35〜 ご家庭でできる!データ分析を支えるクローリング環境の構築
  • 20:05~ リアルタイム画風変換とその未来 / tkengo

参加費無料。軽食をご用意します。

1.ご家庭でできる!データ分析を支えるクローリング環境の構築 / yuta hongo

今流行の機械学習、ディープラーニングをやりたい。でも、分析するデータがない、どうやって集めたらいいの? そんなお悩みを持つあなたにご家庭で簡単にできるクローリング環境の作り方をご説明します。

2.リアルタイム画風変換とその未来 / tkengo

2015 年の夏の終わり頃、ニューラルネットワークを使って画像の画風を変換するアルゴリズムが発表され、世界中で話題になりました。当時は変換速度の問題もありリアルタイムの領域には適用できなかったこのアルゴリズムですが、近年そのアルゴリズムの改良によりリアルタイム領域に適用できるまでになりました。

この発表では、カメラを通して映る景色をリアルタイムに画風変換するアプリケーションの開発経緯及び利用した技術要素を深掘りして話したいと思います。


Sushi&Beerの簡単な軽食をご準備いたします。また、懇親会を行いますので、ぜひ弊社社員だけでなくご参加のエンジニアの皆さんとご交流ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。