IPv6勉強会 - ネットワークエンジニアではない方々向け

イベント内容

10年以上前からいつまでたっても普及しない印象があるかもしれないIPv6ですが、その利用者は確実に増えています。日本でも、2017年度中に、スマホなどで利用されるモバイル網でのIPv6対応が本格的にスタートします。

IPv4で普及したインターネットでは、いまでもIPv4のほうがIPv6より多く利用されていますが、今後はIPv4とIPv6の両方に対応した環境が求められることも増えてくるでしょう。

この勉強会では、IPv6の背景となるIPv4アドレス在庫枯渇問題とは何か、そもそもIPv4とIPv6の違いは何か、ユーザやサーバ管理者やプログラマにとってIPv4とIPv6のデュアルスタック環境で注意すべき点は何か、などを紹介します。

今回は、「IPv6という単語は聞いたことがあるけど、IPv6についてはよく分からない、でも興味は少しある」という方々を想定した内容になっています。もちろん、興味がある方であれば、どなたでもご参加ください。

(会場注意) 2Fのロビーから先にお越しいただくために現地での手続きが必要になります。 イベント開始前30分となる開場は18:30から、開演後30分程度まで2Fにてご来場をお待ちしますが、その後のご入場は個別対応になります。(受付は無人になりますが、連絡方法を掲示します)


無料で読めるIPv6本のクラウドファンディングしてます→ すごい技術書を一緒に作ろう。あきみち+ラムダノート『プロフェッショナルIPv6』 https://www.makuake.com/project/ipv6/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。