【人気につき増枠50→150席(残席わずか)】最先端FinTech技術取組事例勉強会 #アクセンチュア×FinTech

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
抽選制 無料 241人 / 定員150人

※ 抽選結果は、2017/09/07 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

最先端FinTech技術取組事例勉強会
#アクセンチュア×FinTech

概要

すっかり定着した「FinTech」というワード。決済サービス、ブロックチェーン、自動化など様々なシーンで金融業界にもテクノロジーを取り入れる世界になりました。
今回は、決済でもブロックチェーンでもなく、もっと身近なFinTechのお話。実際に大手金融機関に「ロボティクス」や「AI」などのTechを導入した事例をお話します。

登壇者

アクセンチュア株式会社
テクノロジーコンサルティング本部 マネージングディレクター
山根 圭輔 氏
金融機関を中心に、エマージングテクノロジー及びプロジェクトマネジメントのスペシャリストとしてコンサルティング&デリバリーを実施。テクノロジーはエンタープライズアーキテクチャからFinTech分野にわたり、プロジェクトマネジメントは大規模統合プログラムマネジメントからアジャイルデリバリーまで幅広く推進する。現在、アクセンチュア ジャパンにおける、FinTech & NEW-ITリードを務める。
アクセンチュア株式会社
金融サービス本部 マネジング・ディレクター
下野 崇 氏
大手邦銀、外資系コンサルティング・ファーム、外資系ITベンダーを経て、2016年より現職。20年間のコンサルティング経験を有し、業務/IT戦略立案、コスト削減、営業改革、人事改革、事務改革、プロジェクトマネジメントを専門領域としている。アクセンチュア金融グループにおける人工知能/ロボットソリューション、新技術活用タスクフォースのリーダー

タイムスケジュール

時間 内容
19:00 受付開始
19:20 - 19:30 本日の流れのご説明
19:30 - 20:50

FinTechに必須なエンタープライズ・アジャイル・プロジェクトマネジメントとDevOps ~大手金融機関実践の現場から~

山根 圭輔 氏
『アジャイル開発/DevOps』という概念がメジャーになって大分経ちますが、必ずしもエンタープライズ企業の開発現場で浸透している状況ではありません。ところが、折しも『FinTech』という『黒船来航』により、アジャイル&DevOpsを導入しなければ、立ちゆかない時代に突入しました。とはいえ、規正のガイド本にあるような『アジャイル開発のお作法』では、エンタープライズ企業に導入することはできません。このギャップを、どう埋めるか? アクセンチュアが実施した大手金融機関でのFinTech案件から、エンタープライズにおけるアジャイルとDevOpsの導入・実践について紹介します。

コンサルの視点で “シンギュラリティ” を語ろう – AI/ロボット時代の金融ITと金融パーソンのあり方 -

下野 崇 氏
昨年来、人工知能(AI:Artificial Intelligence)およびロボット技術が大きな話題となっている。本講演では、日本の金融業界におけるAI/ロボット技術の動向と課題、欧米グローバルでの成功事例、および今後の可能性について述べてみたい。また、ERPをはじめとする 汎用アプリケーション および 各種API と 既存レガシー を共存させた環境での、AI/ロボットソリューションの適用方法についても検討する。現役コンサルタントとして、シンギュラリティ時代における “地に足の着いた” ITのあり方、人間の働き方 について総括してみたい。
20:50 - 20:55 アンケートの回答
21:00 - 21:30 懇親会
21:40 完全撤収

※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。

参加対象

エンジニア、ITコンサルタント

持ち物

名刺2枚

※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

無料

本イベントは終了しました

開催グループに関連するコラム

開催グループに関連するコラム

最先端FinTech技術取組事例 〜 アクセンチュア×FinTech 〜

最先端FinTech技術取組事例 〜 アクセンチュア×FinTech 〜

類似しているイベント