TOP

メトリクスによるソフトウェア品質把握と改善 - 演習を交えた品質測定評価の落とし穴とコツの習得 -

メトリクスによるソフトウェア品質把握と改善 - 演習を交えた品質測定評価の落とし穴とコツの習得 -

参加枠申込種別参加費定員
併設チュートリアル
先着順 5,400円
当日現金支払い
0人 / 定員30人

イベント内容

メトリクスによるソフトウェア品質把握と改善 - 演習を交えた品質測定評価の落とし穴とコツの習得 -  

講師:鷲崎 弘宜 氏 早稲田大学 基幹理工学部情報理工学科 教授/グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所 所長

概要

ソフトウェアの品質を把握し、管理および改善するためには、測定を通じた評価が欠かせません。しかし、思慮なく測定評価を導入すると、誤った結論を導くなど、かえって悪影響をもたらしかねません。本チュートリアルでは、早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所が産学官連携により進めているソフトウェア品質測定評価の研究および実践結果に基づき、得られた知見を4つの「落とし穴」および7つの「コツ」として整理し解説します。そのうえでコツの一つである目標に沿った多面的な測定および事実と仮定の区別について、ゴール指向の手法であるGQM法(およびGQM+Strategies)の適用を演習を通じて習得していただきます。


今話題のテーマ、一流講師の講座を「5,400円(税込)」で聴講できます!
基本の本質を学び、見つめ直す場をご提供します。

「ソフトウェア品質シンポジウム2017(SQiP2017)」本会議の前日(913日(水)に今年も「併設チュートリアル」を実施します。
各テーマの一流講師陣による半日のチュートリアルを非常に安価に受講することができる名物企画です。
今年はテーマ選定にあたっては、近年の「ソフトウェア品質シンポジウム」で取り上げた話題、参加者の皆様の関心が高いテーマを中心に取り上げました。 皆様の活動にすぐに活かしていただけるテーマとして「テスト技法」「メトリクスを活用した品質測定評価」「KPT/KPTA ふりかえり」を選定しました。本シンポジウムで関心の高いテーマとして「品質データ分析」「欠陥エンジニアリング」。最近話題のテーマとして「IoT時代のセーフティ設計」「エンタープライズアジャイル」Webセキュリティ」を用意しました
どのテーマも参加いただいた皆様に現場に持ち帰り役立てていただける内容です。詳細テーマ、講師はシンポジウムWebサイトでご確認ください。

※本会議(9月14日(木)・15日(金))は、セブン&アイHD・粟飯原勝胤取締役執行役員が講演!
  IoTはどこまで進んでいるか?”をテーマにパネル討論も実施。
 総勢50社の先進企業の取り組み事例が一堂に集結します!

ソフトウェア品質シンポジウム2017・Webサイトはこちら https://www.juse.jp/sqip/symposium/


注意事項

・シンポジウムWebサイト(https://www.juse.jp/sqip/symposium/)からお申込み手続きを行ってください。
・本会議は別途、参加費(一般 41,040円)が必要です。
本イベントは終了しました
2017/09/13(水)
13:00〜17:00
本イベントは終了しました
参加者
0人 /定員30人
会場
東洋大学 白山キャンパス
東京都文京区白山5-28-20

グループ

主催

日科技連 ソフトウェア品質シンポジウム

フォロワー5人
フォローする

管理者

タグに関連するイベント

2017/12/05(火) 19:00 〜 22:00
東京都 五反田
2017/11/28(火) 16:00 〜 18:00
東京都 品川
2017/11/29(水) 19:15 〜 22:00
東京都 渋谷
2017/12/02(土) 13:30 〜 18:00
熊本県 水道町