[さらに増枠!] SRE-SET Automation Night

2017/12/12(火)19:15 〜 22:00 開催
ブックマーク

イベント内容

イベント概要

"2回以上やることはなんでも自動化されるべきだ" Adam Stone, CEO, D-Tools

SREとSETという役割は、インフラやQAなどソフトウェア開発において手動で操作されることが多い領域を自動化するためにGoogleで作られました。このMeetupは例えば下記のような、生産性とプロダクトの品質を向上するための自動化ハックを学習し、共有し、コラボレーションするためのものです。

  • CI/CDを用いたプロダクトリリースの自動化に関する経験
  • Ansibleなどを用いたDevOpsの自動化
  • AppiumやSeleniumなどのUIオートメーションツールを使った第一印象
  • テストの自動化ハックとアドバイス
  • CircleCI, Travis, BitriseなどのクラウドCIサービスの経験
  • SeleniumやSlackbotを用いた日次タスクの自動化

どなたでも発表やLTしていただけますのでぜひご参加ください。

参考:

SREについて https://en.wikipedia.org/wiki/Site_reliability_engineering

SETについて https://testing.googleblog.com/2011/02/how-google-tests-software-part-two.html

タイムスケジュール

時間 スケジュール内容
19:15 ~ 開場
19:30~ 乾杯&SRE-SET Automation Nightについて
19:40~ 15分枠(1) : 「Data processing, workflow and us ~How to manage automated jobs~」@syu_cream
19:55~ 15分枠(2) : 「レビューのコストを削減するための施策」 @tarappo
20:10~ 15分枠(3) : 「Reliable Mobile Test Automation」@vbanthia
20:25~ ちょっと休憩
20:30~ 5分枠(1):「Magic Podの活用を具体的に考えてみた」戸田 広
20:35~ 5分枠(2):「Prometheusを導入した話」株式会社Nagisa 榎戸
20:40~ 5分枠(3):「セキュリティ強化のための自動化」 @manabusakai (freee 株式会社)
20:45~ 5分枠(4):「1人インフラ運用チームで、自動化の作業時間を確保するためにやっていること」北野勝久( @katsuhisa__ )
20:50~ 5分枠(5):「Automation基盤提供のしかた」@tnir
21:00~ 懇親会
22:00 終了

参加費

無料

登壇者紹介

15分枠の発表者を紹介します。

syu_cream

ヤフーにて HTTP プロキシサーバの運用や OSS へのコントリビュートを経験した後、メルカリ SRE チームに参加。最近はデータ処理基盤周辺の改善を担当。

tarappo

大手メーカー、ベンチャー企業を経験した後、DeNAのSWET(Software Engineer in Test)グループに入社。 現在は、主にモバイルアプリのテスト戦略、自動テスト、CI/CD環境の整備などを担当。

スピーカー募集について

5分間のLTをしていただけるスピーカーを募集しています。

Automationに関することであれば内容は自由です。 日頃の開発業務で得たTipsをぜひ共有をおねがいします!

会場

株式会社メルカリ ( 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー18F )

19:15開場、19:30 開始の予定です。

六本木ヒルズ森タワーのLL階にある 専用受付カウンター にて、受付票のご提示をお願いします。入館証を発行させていただきますので、お持ちになって18Fイベント会場までお越しください。

19時30分以降の受付につきましては、LL階にある受付カウンターにて、弊社社名をお伝えいただいた上で、ご本人確認が可能なもの(名刺2枚、もしくは免許証、社員証等)をご提示ください。入館許可証が発行されますので、お持ちになって18Fイベント会場までお越しください。

オフィス棟の受付が20時までです。もし受付ができずに入れない場合は、TwitterのDMにて @jollyjoester までご連絡ください。

その他の注意事項

  • ゲスト用の Wi-Fi があります。
  • ゲスト用の電源はありません、登壇者は使えます。
  • 各種接続アダプタが用意されています。
  • スライドの縦横比が 16:9 でも 4:3 でも大丈夫です。
  • 入館・退館のやり方はよく目を通しておいてください。
  • イベント終了後、速やかに撤収となりますので、片付けにご協力ください。
  • ブログ・ツイッター等での発信は積極的にしていただけるとありがたいです。
  • 都合が悪くなった場合は早めのキャンセル処理をお願いします。

運営について

Vishal

これまでフリーランスのエンジニアとして様々なスタートアップで働いてきたが、現在はメルカリSETチームの一員としてテストのフレームワークやインフラ、CIを主に担当している。共著書に「Selenium実践入門」がある。Twitterアカウントは@vbanthia_.Githubアカウントは@vbanthia

masudak

メルカリSETチームのエンジニア。開発環境・QA環境の整備から、セキュリティ案件、マイクロサービスの構築支援など幅広く担当。Twitterアカウントは@masudak

deeeeet

メルカリSREチームにてMicroservices基盤/Machine Learning基盤の構築運用を担当.「みんなのGo言語」(技術評論社)を共著で出版.Twitterアカウントは@deeeet.Githubアカウントは@tcnksm.


注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
情報提供元ページ(connpass)へ

新規会員登録

このイベントに申し込むには会員登録が必要です。
アカウント登録済みの方はログインしてください。



※ ソーシャルアカウントで登録するとログインが簡単に行えます。

※ 連携したソーシャルアカウントは、会員登録完了後にいつでも変更できます。

関連するイベント