TOP

【福岡】fukuoka.kt × LINE 共同開催!Kotlin Night!

イベント内容

LINE Developer Meetup in Fukuoka#25

LINE Developer Meetup in Fukuoka #25は、fukuoka.kt と共同開催します。 今回はKotlinスタートブックの著者でもある長澤 太郎さんをゲストスピーカーとして迎え、お話をしていただきます。

※ 現在エンジニアの方、またはエンジニア志望の学生など基本的にプログラミングに関わっているみなさまを対象としております。

日時

2018年1月17日(水)19:00~21:30 ※開場は18:30~

場所

LINE Fukuoka株式会社

福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F

予定

時間 コンテンツ 登壇者
18:30 開場 フリードリンク
19:00 開演(乾杯+挨拶) LINE Fukuoka 開発室 和田/wats
19:05 イマドキのKotlin 2018 ngsw_taro
19:55 小休憩
20:00 【LT#1】ConstraintLayoutのDSLを作ってみる(Anko) seisuke
20:10 【LT#2】kotlinでAndroidのテストコードを書く shikajiro
20:20 【LT#3】Room with Kotlin kazukinr
20:30 懇親会 参加者・登壇者・弊社エンジニア
21:30 CLOSE

※参加費無料。軽食をご用意します。

・イマドキのKotlin 2018/ngsw_taro

Kotlinと言えばJavaと比較しモダンで簡潔、安全なプログラミング体験をもたらしてくれるものだという認識からスタートし、それなりに使いこなしている人も多くいらっしゃるでしょう。

この発表では、最新のKotlin事情を紹介し、さらにKotlinと仲良くなっていただくのが狙いです。

具体的には、先日サンフランシスコで開催されたカンファレンス「KotlinConf」のレポート、

Kotlin 1.1と1.2の新機能、AndroidやWebアプリケーションでの活用方法などをお伝えする予定です。

・ConstraintLayoutのDSLを作ってみる(Anko) seisuke

Android開発において今後ConstraintLayoutが主流になっていくと予想されますが、 現バージョンのAnkoはConstraintLayoutを使うことができません。そこで、ConstraintLayoutをAnkoで違和感なく使うための方法を考えてみました。

kotlinでAndroidのテストコードを書く shikajiro

KotlinでAndroidのテストコードを書いてみました。 kotlin用テストフレームワークSpekの使い方や、kotlinで書く時のTipsなどをご紹介します。

Room with Kotlin kazukinr

Android Architecture ComponentsのRoom Persistence Libraryの紹介と、Kotlinで使う際のちょっとした注意点などをお話します。

Sushi&Beerの簡単な軽食をご準備いたします。また、懇親会を行いますので、ぜひ弊社社員だけでなくご参加のエンジニアの皆さんとご交流ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/01/17(水)
19:00〜21:00
参加者
105人 / 定員110人
会場
LINE Fukuoka株式会社
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F