TOP

イベント内容

概要

「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。

イベント要領

日時: 2018月5月10日(木)
   受付:18:30〜19:00
   勉強会:19:00〜21:00
   懇親会:21:00〜22:00

会費:
 ・一般 1,000円(懇親会費込み)
 ・学生 無料(先着20名)※受付時に学生証を提示してください
 ※関係者以外の方は「スタッフ・講師」枠を選択しないでください。

持ち物:
 ・名刺(受付の際に1枚、ご提供ください)
 ・受付票(本サイト右側の「受付票を見る」から印刷してください)

対象者:
 ・Pythonに関心のある方
 ・プログラミングに関心のある方

会場:
  株式会社クリーク・アンド・リバー社 2F レインボーホール
  〒100-8111 東京都千代田区麹町2丁目10−9 C&Rグループビル
  http://bit.ly/1F3nJ32 

協賛: リーディング・エッジ社


勉強会プログラム

「モダンな独学の道。そうだ、オープンソースでいこう!」
阿久津 剛史(Start Python Club)

おかげさまでStart Python Club (Stapy) は設立3周年を迎えました。Pythonの独学に行きづまり、思いつきで始めた勉強会。初回の参加者は18名だけの小さなコミュニティだったところ、3年間毎月実施してきたことで、参加者は毎回100名ほどになり、コミュニティのメンバーは3500名を超えるまで成長しました。Stapyの誕生からこれまでの活動を振り返りながら、モダンな独学の道を考察し、これからのStapyのあり方を語ります。

「Pythonのお仕事動向」
岸 慶騎(Start Python Club/Leading Edge Co.,Ltd.)

Start Python Club (Stapy) の設立当初からリーディング・エッジ社でもPythonエンジニアの育成とPython開発プロジェクトに注力して、早3年が経ちました。なにかと課題のあるIT派遣業ですが、全体像俯瞰という観点でPythonや他プログラミング言語のトレンドを把握するにはもってこいのポジションであるようです。この3年間の派遣案件でのPython開発の動向と、最新トレンドについてお話しできればと思います。

「常連が語るStaPyの効能」
杉山 剛(@soogie)

3年前にStaPyと出会った頃の私はPythonの入門書をいくつか買って、Mac上でちょっと動かしてみただけの状態でした。データ分析やWebアプリの開発など、いろいろやってみたいという気持ちはあって、何冊も本を買っては挫折を繰り返していた私が、StaPyと出会ってから3年で、PyConJPで発表したり書籍のレビューを依頼されたりするようになりました。StaPyの効能は何なのか、振り返ります。

「Pythonスタートブックのひみつ」
辻 真吾(Start Python Club)

Start Python Club (Stapy) の設立3周年に合わせるかのように、4月に増補改訂版が出版された拙著「Pythonスタートブック」に隠された秘密を語ります。といってもそんなに秘密はないので、今回の改訂作業を通じて感じた、この10年間のPythonとコンピュータ業界の変化についての話もしたいと思います。


懇親会(ビアバッシュ)

会場にてビアバッシュ。
LT(ライトニングトーク)のネタがある方はぜひどうぞ。
Pythonスタートブック(増補改訂版)を3名の方へプレゼント(じゃんけん大会の予定)

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/05/10(木)
19:00〜21:00
参加者
143人 / 定員150人
会場
クリーク・アンド・リバー社
〒100-8111 東京都千代田区麹町2丁目10−9