TOP

Repro Tech Meetup #1 Docker

イベント内容

Announce

イベントスペース的にもう少し余裕ありそうなので、増枠しました! on 2018-07-23

Repro Tech Meetup

Repro Tech Meetupは、Reproを支える技術やノウハウを共有したり、利用している技術について深く学ぶためにゲストを呼び学ぶことで、スタートアップ業界をさらに盛り上げていくことを目的としています。

Repro は、5,000以上の世界中にあるアプリに利用されるマーケティングオートメーションツールを提供する会社です。 1000万DAUを優に超えるアクセスや行動ログを処理し、柔軟な分析ワークロードを実現し、毎日億を超えるpush配信などのマーケティン施策の実施を支援しています。

テーマ: Docker

ここ数年で怒涛の勢いで発展し、市民権を獲得してきたDockerは欠かすことの出来ないツールとなりました。 k8sを始めとしたdocker エコシステムのデファクトが決まってきたことも含め、技術として枯れてきた感もあります。

この変化に追いつき、恩恵を得るため一緒に学びませんか?

例えば

  1. 各マネージドサービスの使い勝手はどうなのか
  2. container技術をどのようにproductionに乗せていくのか
  3. 監視はどうするのが良いのか
  4. DevOpsの実現や役割分担はどうなるのか
  5. docker利用を組織に浸透させるにはどうするのか
  6. gVisorなどを含めた今後の動向

などなど

登壇者

櫻井 洋一郎 at Retty

Rettyでクライアントサイドからサーバーサイドまでをこなすエンジニア。 Docker によるアプリケーション開発環境構築ガイドを著者でDockerについて幅広い知識をもつ。

Tasuya Toma a.k.a kei_q at Repro

2016年にReproに入社し、直後から課題となっていたリリースマネジメントや障害一次対応などをまるっと引き受け改善。 チームや組織の生産性を向上するのが至上の喜び。でもHaskellの方が好き。 最近の趣味は、プリズナートレーニング。

LT

LTをしていただける方を募集します! コンテナ仮想化技術に関することであれば内容は自由です。

LT参加をご希望の方は、応募時または、FeedへLTのタイトルをご記入下さい。

タイムテーブル

時間 内容
19:00 開場
19:30 はじめに
19:40 RettyにおけるDocker活用のこれまでとこれから by 櫻井洋一郎
20:00 ReproとECSの今と昔 by kei_q
20:20 休憩
20:25 LT 5-7min
20:35 LT 5-7min
20:45 LT 5-7min
20:55 LT 5-7min
21:05 おわりに
21:00 懇親会
22:00 解散

開場

Repro株式会社 イベントスペース

アクセス

JR代々木駅北口改札を出て目の前のビルです。 1Fにマクドナルドがあります。

設備

  • Wi-Fiあります。
  • ディスプレイ接続用の各種アダプターの準備あります。
  • トイレは会場を出て突き当り左にあります。
  • 喫煙室は9Fにあります。喫煙者の方はご利用ください。

注意事項

  • 技術の共有が目的の勉強会です
  • 参加目的が不適切だと判断される場合には、運営側で参加をキャンセルさせていただく場合がございます
  • イベントの様子を撮影・録画し、ブログやSNSなどで公開することがあります。その際、来場者の姿も公開されることがあることをご了承ください

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/07/27(金)
19:30〜22:30
参加者
38人 / 定員44人
会場
Repro株式会社
東京都渋谷区代々木1丁目36-4 全理連ビル 6階

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。