TOP

品質の観点からのアジャイル開発入門

品質の観点からのアジャイル開発入門

参加枠申込種別参加費定員
併設チュートリアル(9/13-14SQiP2018本会議に不参加の場合)
先着順 10,800円
当日現金支払い
0人 / 定員30人
併設チュートリアル(9/13-14SQiP2018本会議に参加の場合)
先着順 5,400円
当日現金支払い
0人 / 定員30人

イベント内容

品質の観点からのアジャイル開発入門 

永田 敦 氏 /株式会社日新システムズ 品質保証部 参事

概要

アジャイル開発が本格的に実践されてきています。

色々なフレームワーク、プラクティス、流儀が提案され、実践され、そしてすでに多くの本が出ています。もちろんそれらの本には、ソフトウェアの品質についても述べられてはいますが、提案されたアジャイルのプラクティスをどうすれば実現できるかが議論の中心になっています。今回のお話は、観点を品質に置いて、改めてアジャイル開発はどういうものなのか、どんな意味があるのかを議論していきたいと思います。まだアジャイル開発はされていない方、アジャイル開発を実践し始めた方、アジャイル開発の品質が気になる方、開発、テストエンジニア、QA、SEPG など対象は問いません。


以下のアジェンダを予定しています。


・アジャイル開発へのモチベーション

・アジャイル開発とはどういうものか

・アジャイル開発の理由と背景

・アジャイル開発と品質、それに対する考えとスキル

・まとめ



今話題のテーマ、一流講師の講座を「SQiP2018」本会議ご参加の方は「5,400円(税込)」で聴講できます!
基本の本質を学び、見つめ直す場をご提供します。

「ソフトウェア品質シンポジウム2018(SQiP2018)」本会議の前日(912日(水)に今年も「併設チュートリアル」を実施します。
各テーマの一流講師陣による半日のチュートリアルを非常に安価に受講することができる名物企画です。
今年はテーマ選定にあたっては、近年の「ソフトウェア品質シンポジウム」で取り上げた話題、参加者の皆様の関心が高いテーマを中心に8テーマ取り上げました。 
どのテーマも参加いただいた皆様に現場に持ち帰り役立てていただける内容です。詳細テーマ、講師はシンポジウムWebサイトでご確認ください。

※本会議(9月13日(木)・14日(金))は、ヤマトホールディングス株式会社 執行役員 田中 従雅 氏 が講演!
  総勢50社の先進企業の取り組み事例が一堂に集結します!

ソフトウェア品質シンポジウム2018・Webサイトはこちら https://www.juse.jp/sqip/symposium/


注意事項

・シンポジウムWebサイト(https://www.juse.jp/sqip/symposium/)からお申込み手続きを行ってください。
・本会議は別途、参加費(一般 41,040円)が必要です。
本イベントは終了しました
2018/09/12(水)
13:00〜17:00
本イベントは終了しました
参加者
0人 / 定員60人
会場
東洋大学白山キャンパス
東京都文京区白山5-28-20

グループ

主催

日科技連 ソフトウェア品質シンポジウム

フォロワー7人
フォローする

管理者