TOP

データサイエンティスト協会 勉強会2018 第2回

データサイエンティスト協会 勉強会2018 第2回

参加枠申込種別参加費定員
一般
抽選制 無料 149人 / 定員130人

※ 抽選結果は、2018/09/05 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

データサイエンティスト協会
勉強会2018 第2回

概要説明

データサイエンティスト協会では、分析・データサイエンスの実務に携わる方を対象に、スキルアップとコミュニケーションの場の創出を目的として、勉強会およびセミナーを行っています。今回は以下の講演を開催いたします。

講演:『万能量子コンピュータの商用化動向』
量子コンピュータのビジネス活用に向けた取り組みが進んでいます。万能量子コンピュータを商用化すべく、IBMも2017年5月に「IBM Q」というイニシアティブを立ち上げました。当セッションでは量子コンピュータの概説に加えて、ハードウェアであるIBM Q Systems、ソフトウェア開発キットであるQisKit、お客様との共創に取り組むIBM Q Networkなどのご紹介を通して、現在何が実現しどのような取り組みが進んでいるのかを共有します。また、最初の適用領域について考察し、量子コンピュータの未来を展望します。

登壇者

  • 日本アイビーエム東京基礎研究所
    副所長 技術理事
    小野寺 民也
    1988年東京大学大学院理学系研究科情報科学専門課程博士課程修了.理学博士.同年日本アイ・ビー・エム(株)入社.以来,同社東京基礎研究所にて,プログラミング言語,ミドルウェア,分散システム等の研究開発に従事.最近ではとくにAI基盤ソフトウェアおよび量子計算ソフトウェアスタックに興味をもつ.現在,同研究所副所長,同社技術理事.情報処理学会第41回(平成2年後期)全国大会学術奨励賞,同平成7年度山下記念研究賞,同平成16年度論文賞,同平成16年度業績賞,各受賞.米国計算機学会Distinguished Scientist, 日本ソフトウェア科学会フェロー, 情報処理学会シニア会員.

    タイムスケジュール

時間 講演内容
18:30 - 受付
18:50 - 18:55
データサイエンティスト協会挨拶
18:55 - 19:00
内田洋行様挨拶
19:00 - 20:30
万能量子コンピュータの商用化動向
20:30 - 21:00 質疑応答&名刺交換

参加対象

内容は、データサイエンティスト協会が定める「Assistant Data Scientist-見習いレベル」の方が対象です。
※スキルレベルは、下記リンク先を参照ください。
 https://www.datascientist.or.jp/common/docs/skillcheck.pdf

※データサイエンティスト協会の一般会員ではない方は、参加時に会員登録(無料)をお願いしております。

持ち物

受付番号(本ページにて申し込み完了時に発行されます)
※名刺交換をされる方は、名刺をお持ちください。

参加費

無料

主催

注意事項

  • 当日、受付番号を証明できるもの(スマホやタブレットでの画面表示や申し込み完了メールを印刷した物)をご持参ください。受付にて確認できない場合、入場をお断りさせていただくこともございます。
  • タイムテーブル・内容は変更になる可能性がございます。
  • 今回より抽選制とさせていただきます。当選者からキャンセルが発生した場合のみ、イベント前日に再度抽選を行い、補欠の方へ当落のご案内をお送りいたします。
  • キャンセル処理を行わずに勉強会を欠席された場合、今後、当協会主催のセミナー/勉強会へお申し込みいただきましても、参加をお断りさせていただくこともございます。お越しいただけない場合は、必ずキャンセル処理を行っていただきますよう、お願い申し上げます。
    お願い
    データサイエンティスト協会の一般会員(無料)に未登録の方は、以下より事前登録ください。
本イベントは終了しました
2018/09/13(木)
19:00〜20:30
本イベントは終了しました
参加者
149人 / 定員130人
会場
東京 ユビキタス協創広場 CANVAS (株式会社内田洋行 本社内)
東京都中央区新川2-4-7

グループ

主催

一般社団法人データサイエンティスト協会

フォロワー2121人
フォローする

管理者