TOP

Go初心者向けハンズオン!- GoでWebアプリが作れるようになろう -

Go初心者向けハンズオン!- GoでWebアプリが作れるようになろう -

参加枠申込種別参加費定員
一般
抽選制 無料 16人 / 定員40人
ボランティア運営スタッフ
先着順 無料 1人 / 定員3人

※ 抽選結果は、2018/11/26 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

概要

このハンズオンでは、Goの基本的な文法からGoを使ったWebアプリの作り方まで学ぶことができます。
1つずつ丁寧に解説していきますので、Goを今までやったことが無い方でも参加いただけます。

主に以下のような内容を扱います。

  • Goの基本(文法、変数、関数、ユーザ定義型)
  • コマンドラインツール(データの入出力)
  • データベース(簡易的なもの)
  • Webアプリケーション

時間の関係上、以下の内容は扱いませんので予めご了承ください。

  • 各種エディタやIDEの設定
  • 並行処理(ゴールーチンとチャネル)
  • 抽象化とインタフェース

〜家計簿アプリを作ろう〜

DAY1: コマンドラインツール編

時間 内容
10:00-10:30 ハンズオンの説明
10:30-11:00 STEP01: Goに触れる
11:00-12:00 STEP02: データの入力
12:00-13:00 昼休み
13:00-14:00 STEP03: データの記録
14:00-15:00 STEP04: 複数データの記録
15:00-16:00 STEP05: データベースへの記録
16:00-17:00 STEP06: 品目ごとの集計

DAY2: Webアプリ編

時間 内容
10:00-11:00 STEP07: ブラッシュアップ
11:00-12:00 STEP08: 一覧ページの作成
12:00-13:00 昼休み
13:00-14:00 STEP09: 入力ページの作成
14:00-15:00 STEP10: 集計ページの作成
15:00-16:00 改造タイム

※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。

参加対象

  • Goに興味をお持ちの方
  • 他のプログラミング言語の学習経験がある方
  • 二日間参加できる方

持ち物

以下の環境がインストールされたPCをご用意ください。
環境設定でお困りの場合は、当日お尋ねください。

■対象OS
Goの開発環境がインストール済みであれば、どのOS(Windows, Linux, MacOS)でも構いません。
講師はMacOSを使用して説明を行います。

■Goの開発環境
Goの開発環境を公式ドキュメントを参考にインストールしてください。
公式ドキュメント:https://golang.org/doc/install

なお、MacOSの場合は、brewコマンドからもインストール可能(brew install go)です。
最新のGoのバージョンは1.11です。

■IDEやエディタ
GoLand、VSCode、Vim、Emacs、Sublime Text、IntelliJ IDEA、AtomなどのエディタやIDEがお使いいただけます。
とくにこだわりが無い方はVSCodeをお使いください。
当日は各種エディタの設定は行いませんので、予めエディタの設定等は済ませておいてください。

参加費

無料

講師紹介

上田 拓也
株式会社メルペイ エキスパートチーム
メルカリ/メルペイ所属。バックエンドエンジニアとして日々Goを書いている。 Go Conference主催者。golang.tokyo、Goビギナーズ、GCPUG Tokyo運営。 大学時代にGoに出会い、それ以来のめり込む。 社内外で自ら勉強会を開催し、Goの普及に取り組んでいる。 マスコットのGopherの絵を描くのも好き。人類をGopherにしたいと考えている。

主催

仙台市「SENDAI X-TECH Innovation Project」とは

仙台市をフィールドに、IoTやAI、VR/AR、5Gなどの先端技術とさまざまな産業との掛け合わせ(X-TECH)による新事業の創出やそれをリードする先端IT人材の育成・交流により、テクノロジーの力でイノベーションを生み出し、都市の体験をアップデートしていくことを目指すプロジェクトです。

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。
本イベントは終了しました