名寄でハッカソン一地域課題にアイデア創発で挑む一(アーバンデータチャレンジ2018)

イベント内容

イベント趣旨

■本ワークショップは、名寄はもちろん名寄外の方も対象です。
■名寄外の方は先着10名程度に宿泊無料サポート(性別を分けた複数名同室の宿泊)を行います。
(正式申し込みサイトによる先着順とします。申し込みサイトのご案内は、本イベントページ「参加する」に設定した方に一斉に送信しますので、それをもとに正式お申込みをお願いします)
■2日間全日程参加が必須です

ハッカソンとは・・・!
ソフトウエア開発分野のプログラマやウェブデザイナーなどが集中的に作業をしてシステム・サービス開発を行うワークショップです。ただし、今回はソフトウエア開発分野の方でなくてもOK!
地域課題解決や、アイデア創発、新しいモノ・コトを考えるのが大好きな方はぜひご参加ください。
全国津々浦々でハッカソンやアイデアソンを行っているファシリテーターが来てくれ、みなさんのアイデア創発をサポートします!

※※※※※※※※※※※※
「スポーツ×ヘルスケア」など名寄の課題やキーワードをテーマに考え、その課題を乗り越える仕組みやアプリを作ります!
※※※※※※※※※※※※

考えたアイデアは試作(プロトタイプ)を作り、最後にみんなに発表して、審査・表彰を行います。
プロトタイプの形は「言葉による企画書」ではなく、アプリやシステム開発、寸劇、4コマなど、少しでも「サービスのカタチを創る」ことが条件となります。
(ファシリテーターが当日、詳しくご説明&サポートするので、ご心配なく!)

アーバンデータチャレンジ(UDC)

本イベントは「アーバンデータチャレンジ(UDC)」の一環で、地域課題の解決を目的に、地方自治体を中心とする公共データを活用した年間のイベント開催を伴う一般参加型コンテストです。
http://urbandata-challenge.jp/

イベント概要

■日時■ 2月2日(土)13:00~ 2月3日(日)15:00
■場所■ 北海道名寄市 なにいろかふぇ
■参加費■ 無料/現地までの交通費、宿泊費、食費などは自己負担
■こんな人にオススメ■
・ソフトウエア開発を行うエンジニア、プログラマ、ディレクター、ウェブ・グラフィックデザイナー
・上記職種に興味のある方、上記を学んでいる学生、社会人
・地域課題解決に興味がある方
・アイデア創発が好きな方
・上記のような人と関わりながら名寄の街を盛り上げたい方

■流れ■
2月2日
 13:00 開催
 13:15 - 13:30 今回の趣旨の説明
 13:30 - 14:00 名寄の情報のインプット
 14:00 - 16:00 アイデア発散~チームづくり
 16:00 - 19:00 アイデア創発&適宜フィードバック
 (どこかで夕食をとります!)
※20:30以降は、各チーム毎で終了時間を設定してください

2月3日
 10:00 - 10:15 本日の流れを説明
 10:10 - 13:30 最終フィードバック&アイデアの練りこみ
 13:30 - 14:30 プレゼン発表
 14:30 - 15:00 表彰・懇親会  

※内容、流れは変更になる場合があります。こちらのイベントページでご案内していきますので、フォローをお願いします。

■ファシリテーター
市川博之 さん
市川電産CEO、経営士、総務省 地域情報化アドバイザー。地域ごとに存在する課題を、オープンガバナンス型の地域団体と行政の協働、コンサルティング、ファシリテーション、ICT利活用を組み合わせることで解決へとつなげ、自発的で継続可能な地域の実現と人材の育成を行う。オープンデータ活用、シビックテック、データの可視化、IoT、GIS、地域におけるコミュニティ形成、業務改革、ITコンサルティング、ICT・オープンデータ教育、タウンミーティングのファシリテーションなどを全国各地で行っている。

主催

UDC2018道北、(株)DKdo、なにいろ工房(名寄市)

共催

アーバンデータチャレンジ2018実行委員会

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。