ドキュメンテーションの集い@大阪 第1回

OSS

イベント内容

「ドキュメンテーションの集い」とは

ソフトウェアの開発や運用に欠かせないドキュメンテーションに関する勉強会を行います。ドキュメント作成・更新のためのツールや運用ノウハウ、国際化、組織の情報共有など幅広いテーマを取り扱っていきます。

第1回テーマ「翻訳」

海外製のソフトウェアを使う上で、海外のドキュメントを翻訳することは非常に重要です。 しかし、そのノウハウはあまり共有されていないのが現状です。

「ドキュメンテーションの集い」第1回は、オープンソースソフトウェア(OSS)にまつわるドキュメント翻訳のツールやノウハウを取り上げます。

発表内容

野方 純「OmegaTと"みんなの自動翻訳@TexTra"で楽してODFとか翻訳する環境を作ってみた」

OmegaTは、様々なファイル形式に対応した翻訳支援ツールです。LibreOfficeで利用されるODF文書の書式や体裁を崩さずに文書の翻訳ができます。そして「みんなの自動翻訳@TexTra」は、NICTが開発する深層学習を利用した機械翻訳サービスです。先日、翻訳精度が高いと話題になった「みらい翻訳」の翻訳エンジンで、みらい翻訳同様にとても高い翻訳精度のサービスです。 この二つを利用して、翻訳を楽して進められる環境を作ったのでお話しをします

藤原 惟「OSSドキュメント翻訳の事例紹介 - Pandocユーザーズガイド日本語版の場合」

オープンソースプロジェクトにおけるドキュメント翻訳の事例・ツールをご紹介いたします。

ドキュメント変換ツール「Pandoc」のユーザ会「日本Pandocユーザ会」では、現在Pandoc User's Guide 日本語訳の翻訳作業を行っています。共同翻訳の必要性と、かつて翻訳したドキュメントが古くなり更新が困難になった反省から、Sphinx / Transifex / Read the Docsを中心としたツールチェインを構築しています。

本発表では、各種ツールおよびそのノウハウについて共有します。

イベント概要

  • 日時: 6/22(土)
    • 受付: 13:30-14:00
    • 勉強会: 14:00-17:00
    • 懇親会: 17:15-19:15
  • 会場: さくらインターネット様(本社・グランフロント大阪)

参加費

  • 勉強会のみ参加は無料
  • 懇親会は割り勘制(ビアバッシュを予定)
    • 参加費目安は1500円前後ですが、実費割り勘のため変わる可能性があります

主催者

ドキュメンテーションの集い(榎真治、藤原惟)

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント