【公開対談】DX推進ができる組織の秘訣

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
先着順 無料 68人 / 定員75人

イベント内容

【公開対談】DX推進ができる組織の秘訣

概要

今の世の中で“DX(デジタルトランスフォーメーション)“が流行り言葉になっていますが、推進したいがうまく進められていないという声をよく聞きます。
その理由として、「具体的な目的・テーマが定まっていない」ことが主たる要因の上位に挙げられます。

推進する実行責任者と経営陣との間で「ゴールの期待値が摺りあっていない」「実際になにを行うかのテーマ設定が摺りあっていない」ケースや、社内外含めた連携の仕方・組織の作り方など担当者の悩みは尽きません。

今回はDX推進をしている企業の具体的な成功事例・失敗事例を大公開します。
大企業の中でもDX推進中の毎日新聞社、DX推進しつつももう一歩進もうとしているパーソルグループ、各企業のDX支援をしているKaizen Platform フェロー鬼石さんのパネルディスカッションをもとに、“DXを実行しきる“組織になるための武器をぜひ持ち帰ってください!

タイムスケジュール

時間 内容
14:00〜 受付開始
14:30〜15:00 オープニング
15:00〜15:10 休憩
15:10〜16:00
パネルディスカッション
  • DX推進する上でのポイント
  • DX推進する際の優先順位のつけ方
  • 担当者がまず着手すること
16:00〜16:20 質疑応答
16:20〜16:30 アンケート回答

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

登壇者名
岩沢 武夫氏
株式会社毎日新聞社
執行役員デジタル担当兼デジタルトランスフォーメーション委員会副委員長
1985年に毎日新聞社入社。東京本社経済部で財務省、日銀、総務省、IT業界などを担当、デスクを経て、社長室でデジタル戦略や新規事業を担当。2009年からデジタルメディア局統括プロデューサー、局長を経て、2017年6月から執行役員。同7月にはベンチャー支援のための毎日みらい創造ラボを設立し代表取締役社長を兼務、18年10月にはスポーツニッポン新聞社とデジタル新規事業を共同で取り組むための株式会社CYMESを設立し、代表取締役社長を兼務。
登壇者名
友澤 大輔氏
パーソルホールディング株式会社
CDO(Chief Digital Officer)兼 グループデジタル変革推進本部 本部長
1994年にベネッセコーポレーション入社。その後、ニフティ、リクルート、楽天などを経て、2012年にヤフー入社。マーケティングイノベーション室(本部)を新設。2015年4月に、マーケケティングとコミュニケーションの双方を担当するCOO直轄のマーケティングセントラライズ組織であるマーケティング&コミュニケーション本部を新設し、本部長に就任。2018年10月からパーソルホールディングスへ転じ、2019年4月にCDO(Chief Digital Officer)兼グループデジタル変革推進本部本部長に就任。
登壇者名
鬼石 真裕氏
Kaizen Platform
フェロー
NTTデータでエンジニアを経験後、リクルート・ビズリーチ・グリーで、戦略・プロダクト・営業・事業責任者などを歴任。Kaizen Platformでは、福岡市との戦略提携・10000人のクリエイターネットワークの構築・カスタマーサクセス立上げを経て、300社のB2B大手営業・マーケティングの責任者を務める。2018年7月より、Kaizen Platformフェローに就任、同時に独立し、複数社のアドバイザーなどを務める。

モデレーター

登壇者名
片岡 秀夫氏
パーソルイノベーション株式会社
TECH PLAY事業責任者
2008年、パーソルキャリア(当時インテリジェンス)新卒入社。大学では生命科学を専攻。パーソルキャリアに入社後、経営企画部、転職支援事業の事業企画部を経て、Innovation Lab.にて新規事業開発およびオープンイノベーションを推進。
その後分社化と同時にパーソルイノベーション株式会社内で「TECH PLAY」の事業責任者として、各社のDX実現のためにDXコンサルティング・組織づくり・人材育成を支援。

持ち物

名刺1枚

※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

無料

類似しているイベント