正しいものを正しくつくれているか -仮説検証型のプロダクト開発とは何か-

イベント内容

※2019年8月23日追記:定員を増やしました。 ※2019年9月3日追記:定員を増やしました。

イベント概要

「正しいものを正しくつくれているか -仮説検証型のプロダクト開発とは何か-」

変化の激しさを増すビジネスにおいて、プロダクト開発もその影響を避けることはできません。

何があるか分からない事業環境ほど、それまでのやり方やあり方が通じるかどうかは分からないことでしょう。
そうした不確実性の高い状況ほど、自分たちが到達したいミッションを見定め、関係者の間で共通の理解とし、その実現方法を適応させることが求められます。
何をつくるべきかチームで足並みを揃えていくためには、誰かの暗黙的な感性頼みにしない仮説検証のアプローチと、ミッションに適切な開発の選択が前提になると言えます。
そのために「これまで通りで良いだろう」「これでもう十分」という見方から離れるための問いにチームで向き合っていきましょう。

このセッションでは、ゲストとして『正しいものを正しくつくる』の著者である市谷聡啓さんをお招きし、仮説検証型のプロダクト開発をテーマとして、不確実性の高い環境ほど、なぜ「正しいものを正しくつくれているか?」という問いがチームの未来を切り開く一助となるか、お話しいただきたいと思います。

懇親会では、ささやかながらお飲み物と軽食を用意し、来場者のみなさまと登壇者が交流できる場をお作りいたします。是非ご参加いただき、仮説検証について更に深いお話しができればと思います。

みなさまのご参加をお待ちしております!

【日時】

2019/09/04 (水) 19:30-21:30 (開場19:00)

【会場】

東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー 24F DMM.comグループ セミナールーム

【タイムスケジュール】

時間 内容
19:00 開場
19:30 ~ 19:35 イントロダクション 荒井
19:35 ~ 20:25 登壇者発表 市谷
20:25 ~ 21:30 懇親会
21:30 ~ 22:00 撤収

※プログラムは変更の可能性があります

※ささやかながら軽食をご用意しております

登壇者プロフィール

市谷聡啓

ギルドワークス株式会社 代表
株式会社エナジャイル 代表
サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。
プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、ギルドワークスを立ち上げる。
それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。
著書に『正しいものを正しくつくる』『カイゼン・ジャーニー』、訳書に『リーン開発の現場』がある。

荒井伸二郎

DMM.com セキュリティ部所属。プロジェクトマネジメントプロフェッショナル。 二次元事業部・動画配信事業部のアプリ開発ディレクターを経験したのち現職。SOC/SIEM構築、PCIDSS環境管理などにおけるプロジェクトマネジメント業務を通してDMMのセキュリティ体制構築を行っている。
Twitter: @snarai

注意事項

営業、採用、勧誘活動を目的としたご参加はかたくお断り致します。
参加が難しくなった場合は、お早めにキャンセルのご連絡をいただけますようよろしくお願い致します。
イベントは、止むを得ず中止させて頂く場合がございます。その場合はconnpassのメッセージにてご連絡させていただきます。
登壇内容は変更になることがございます。予めご了承ください。
当日の様子の写真をウェブサイトやSNSで公開する可能性があります。撮影不可の場合は、受付でお伝えください。
応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。予めご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント

Jenkins Day Japan 2019

東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー ベルサール御成門タワー3階(最寄駅:都営三田線「御成門駅」直上)

12:40 〜18:00

10月 11 FRI