【プレイベント】【仙台市×楽天イーグルス×藤崎百貨店】SENDAI X-TECH Accelerator -オープンイノベーションで地域の都市体験はどうアップデートできるのか?-

参加枠申込形式参加費 参加者
一般
抽選制 無料 定員50人

※ 抽選結果は、2019/10/28 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

【プレイベント・説明会】SENDAI X-TECH Accelerator
仙台市×楽天イーグルス×藤崎百貨店

オープンイノベーションで地域の都市体験はどうアップデートできるのか?

概要

テクノロジーが進化し、今までにない新たなアイデア・サービスが生まれる中で、人々の暮らし・産業・社会に、どのような体験を価値として生み出すことができるか。

仙台市は、さまざまな産業×IT(X-TECH)による新事業の創出やそれをリードする人材の育成・交流により、 テクノロジーの力で次々とイノベーションが生み出される、X-TECHイノベーション都市を目指しています。

今回、都市体験をアップデートすべく、楽天イーグルス・藤崎百貨店とコラボレーションし、SENDAI X-TECH Acceleratorを開催。

仙台の街からビジネスを興す企業と、新たなテクノロジー・サービスを組み合わせて、都市をアップデートする新たなWao!体験を創るため、事業化へと繋げていきます。

本プログラムのプレイベントでは、オープンイノベーションによる地方の都市体験のアップデートに取り組む企業にご登壇いただき、地方都市ならではのイノベーションの可能性を探ります。

なおプログラムについての説明会・Q&Aも実施しますので、少しでもプログラム参加にご関心のある方は、お気軽にお越しください。 終了後簡単な懇親会を予定しております(自由参加)

※プログラム詳細・エントリーはこちらからご確認ください。

タイムスケジュール

時間 内容
18:30〜 受付開始

19:00〜19:05

オープニング
19:05〜19:55

SENDAI X-TECH Accelerator 説明会・Q&Aタイム

仙台市 経済局産業政策部 産業振興課 成長産業係  係長 荒木田 理氏

株式会社楽天野球団  マーケティング本部 本部長 江副 翠氏

株式会社藤崎 経営企画 未来創造ラボ チームリーダー 千葉伸也氏

19:55〜20:25

パネルディスカッション「オープンイノベーションで、地域の都市体験はどうアップデートできるのか?」

東急株式会社 フューチャー・デザイン・ラボ 課長補佐 加藤由将氏 

株式会社TOUCH TO GO 代表取締役  阿久津智紀氏

株式会社FACTORIUM 代表取締役 久米村隼人氏

モデレーター:eiicon company 代表/founder 中村亜由子

20:25〜21:00 懇親会

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

パネルディスカッション登壇者 

「オープンイノベーションで、地域の都市体験はどうアップデートできるのか?」

加藤 由将氏

東急株式会社 フューチャー・デザイン・ラボ 課長補佐

2004年、東京急行電鉄株式会社に入社。2008年、社内新規事業として不動産・建築業界のマッチングビジネス「東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ」のコンセプトデザインから現場運営まで携わる。2012年、青山ビジネススクールでアントレプレナーを専攻し、ベンチャーに関する研究を開始。2015年、渋谷を中心としたグローバルなイノベーション拠点を形成することを目標とし、再開発に併せたベンチャーエコシステムを構築するため、東急グループとベンチャーとの事業共創プログラム「東急アクセラレートプログラム(TAP)」を立ち上げ、運営統括を務める。

2019年、テクノロジーの社会実装にフォーカスした「Shibuya Open Innovation Lab(SOIL)」を開設。スタートアップのみならず大企業、VC、メディア、官公庁などのステークホルダーをネットワーキングし、最先端情報の収集と発信を通じて、東急に限らず日本社会・経済のDX・イノベーションを促進する。

阿久津 智紀氏

株式会社TOUCH TO GO 代表取締役/JR 東日本スタートアップ株式会社 営業推進部 マネージャー 

2017年からJR東日本グループのアクセラレーションプログラム「JR東日本スタートアッププログラム」を立ち上げ。 
2018年2月にJR東日本100%出資のコーポレートベンチャーキャピタル「JR東日本スタートアップ株式会社」の設立を担当し 現在、出資業務とプログラムの運営を担当。
無人AI決済店舗実現に向けたサインポストとの合弁会社TOUCH TO GOの代表を務める。 
経歴は、自動販売機ビジネス、青森での地域活性化、JRのグループ共通ポイント「JREポイント」の立ち上げ等、主に新規事業がメイン。

久米村 隼人氏

株式会社FACTORIUM 代表取締役 

大阪府立大学大学院工学研究科修了(数理工学専攻)、早稲田大学大学院商学研究科(夜間主MBA)修了。
新卒でベネッセコーポレーションに入社後、CRMやダイレクトマーケティングに従事。
その後、マクロミル・リクルートマーケティングパートナーズ・弁護士ドットコム・日本経済新聞社にて、広告・婚活・メンタルヘルス・HR-TECH・データビジネスなどの領域で15以上の新規事業を創出。
リクルートグループにて新規事業開発コンテストで複数回グランプリを受賞し、社内起業経験あり。
2018年独立と同時にデータサイエンス・ベンチャービルダー FACTORIUMを創業。宇宙航空研究開発機構(JAXA)に新規事業の専門家として招聘されている。
現在、宇宙・製薬・ヘルスケア・不動産・素材・エンターテイメント・水産業・建設業・小売・情報サービスなど幅広い業態で10以上のデジタル事業開発プロジェクトを推進。

モデレーター:中村 亜由子

eiicon company 代表/founder 

2008年株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア株式会社)入社。

以来、doda編集部、人材紹介事業部法人営業など、HR転職領域に従事。2015年「eiicon」事業を起案・推進。現在は全国各地の9000社を超える様々な法人が登録し、日本最大級の企業検索・マッチングプラットフォームとなった「eiicon」を運営するeiicon company の代表/founderを務める。

年間40本以上のイベントにおいて講演・モデレートなども務め、多くのアクセラレータープログラムのメンター・審査員等幅広く活動している。

SENDAI X-TECH Accelerator説明 登壇者 

荒木田 理氏

仙台市 経済局産業政策部 産業振興課 成長産業係 係長

江副 翠氏

株式会社楽天野球団 マーケティング本部 本部長 江副 翠氏

千葉 伸也氏

株式会社藤崎 経営企画 未来創造ラボ チームリーダー

持ち物

名刺2枚 ※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

無料

主催

仙台市「SENDAI X-TECH Innovation Project」とは

仙台市をフィールドに、IoTやAI、VR/AR、5Gなどの先端技術とさまざまな産業との掛け合わせ(X-TECH)による新事業の創出やそれをリードする先端IT人材の育成・交流により、テクノロジーの力でイノベーションを生み出し、都市の体験をアップデートしていくことを目指すプロジェクトです。

注意事項

※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。 

※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。

※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

 

本イベントは終了しました

類似しているイベント