JAWS-UG東京 #33 - マイベストモーメント re:Invent 2019

イベント内容

はじめに(重要事項)

  • 大きなシャッター音はスピーカーの話に集中する環境を壊しがちです。撮影する場合は「Microsoft Pix」のような無音カメラを使うなど周囲への配慮をしましょう。
  • ハッシュタグは、#jawsug です。

JAWS-UG東京 #33

JAWS-UG東京 #33 は、AWS re:Invent 2019 の話題を中心に、新サービスやアップデート、または参加してみた感想を聞いたりディスカッションすることで、大量のアップデートの中からすぐに試してみたい機能などを見つけて帰るための勉強会です。

期待されるトーク内容

  • re:Invent前にリリースされた新サービスを試してみたら最高だった
  • re:Invent当日にリリースされた新サービスを試してみたら最高だった
  • 初めてre:Inventに参加した感想、楽しかったこと、苦労した話

Venue (会場)

会場は目黒セントラルスクエア21階のAWSさんです。

Agenda

Timeline Title Speaker
18:30 - 19:00 Registration & Social
19:00 - 19:05 会場説明
19:05 - 19:15 AWS re:Invent 2019 サーバーレスまとめ Kensuke Shimokawa
19:15 - 19:35 AWS re:Invent 2019 アップデート 亀田治伸
19:35 - 19:45 オレ的熱々コンテナアップデート 若松剛志
19:45 - 19:55 SageMaker Autopilot 最上隆史
20:00 - 20:30 マイベスト・ディスカバリー・ワークショップ 参加者の皆さん
20:30 - 20:35 Outpostsの話 ちゃんほ
20:35 - 20:40 (仮)せっかくre:Inventに来たのでAWSのえらい人に物申してみた 岡智也
20:40 - 20:45 TBA 鈴木亮 (AWSウルトラクイズ2019優勝)
20:45 - 20:50 (仮)世界の優秀なエンジニアは何が違ったのか(英語で喋ってみた感想など) Taewoo Kim
20:50 - 20:55 TBA Yasuhiro Hara
21:00 - 撤収〜懇親会へー

※タイムテーブルは予告なく変更になることがあります

マイベスト・ディスカバリー・ワークショップ

re:Inventに参加した人、しなかったが新サービスはもう試した人、何か便利なものを見つけたい人が入り混じっていくつかのグループに分かれてディスカッションをします。最後に各グループから簡単に、どんな話が出たかシェアして、みんなのオススメ新サービス・アップデートや体験話を持ち帰りましょう。

Social (After Meetup)

近場で懇親会をやります。こちらは実費です。

Speakers & Co-Chairs

鈴木亮

ブログの会社でリモートワークしている、元ロードバイク乗りのインフラエンジニア。

岡智也

某外資系コンサルティング会社でクラウドソリューションアーキテクトをしています。好きなAWSサービスはRDSとFargateです

亀田治伸 (アマゾンウェブサービスジャパン)

  • アマゾンウェブサービス プロダクトマーケティング プロダクトエバンジェリスト
  • シカゴ出身。
  • 認証系独立ASP→動画・音楽配信システム構築→決済代行事業者を経て現職。

Kensuke Shimokawa (アマゾンウェブサービスジャパン)

Serverless Specialist Solutions Architect として AWS Japanに勤務。

Serverlessの大好きな特徴は、ビジネスロジックに集中できるところ。

ビジネスオーナーにとってインフラの管理やサービスの冗長化などは、ビジネスのタイプに関わらず必ず必要になってくる事柄です。

でもどのサービス、どのビジネスにでも必要ということは、逆にビジネスの色はそこには乗って来ないということ。

フルマネージドなサービスを使って関数までそぎ落とされたロジックレベルの管理だけでオリジナルのサービスを構築できるというServerlessの特徴は技術者だけでなく、ビジネスに多大な影響を与えています。

このようなServerlessの嬉しい特徴をデベロッパーやビジネスオーナーと一緒に体験し、面白いビジネスの実現を支えるために日々活動しています。

山﨑奈緒美

SES→ひとり情シスを経て現職ではクラウド担当として、ユーザー企業の情シス部門で社内向け・お客様向けシステムのクラウド基盤の設計〜運用まで面倒見ています。 JAWS-UG東京、JAWS-UG情シス支部、JAWS-UGアーキテクチャ専門支部を運営。AWS Samurai 2015。

青木 由佳

小深田あゆみ

サーバーサイドエンジニア

田尻彩夏

サーバーサイドエンジニア / VUIディレクター

吉江瞬

  • 普段はセキュリティエンジニア、インフラエンジニア、コンサルタント
  • Security-JAWS運営
  • X-Tech JAWS運営
  • Agri JAWS相談役
  • JAWS-UG東京運営
  • JAWS DAYS 2019実行委員長
  • AWS Samurai 2018

吉田真吾

  • AWSウルトラクイズ初代チャンピオン (2012年)
    • 2012年のAWSサミット後のJAWS-UGナイトイベントで優勝して初代チャンピオンに。これがきっかけで初開催のAWS re:Inventに招待され、米国でのAWSビジネスの現実な大きさに驚かされ、cloudpackにエバンジェリスト/SAとしてジョイン。
  • AWS Samurai 2014 / 2016
    • 年間130回ほど講演をしながらAWSの普及に貢献したことが評価され、AWSサムライを2度受賞。
  • AWS Serverless Hero
    • グローバルでサーバーレスに関する活動が評価され、サーバーレスヒーローに認定。

来たれ 新しいヒーロー(ヒロイン)たち!!

トークしてみたいという方は参加登録時のアンケートに「概要」を記載してください(先着順です)

運営メンバー募集中!!

私たちJAWS-UG東京支部はこの活動を一緒に盛り上げてくれる運営メンバーをつねに募集しています。年齢・性別・技術レベルは問いません。 オープンマインドいい人が参加してくれることを期待しています。

東京在住あるいは在勤の方はぜひ力を貸してください。

興味のある方はTwitterやFacebook、あるいはこちらのコメント欄などからご連絡ください。

参加のルールとマナー

JAWS-UGの基本的な参加ルールとマナーは以下のとおりです。参照先と以下に相違がある場合は、参照先が優先されます。

ルール

関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。 JAWS-UG は No sell, No Job です。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。 ルールに違反する方は参加をお断りする場合がございます。

マナー

あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。 全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。 私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。 AWSのユーザーグループは日本中、世界中に存在し、あなたの参加を待っています。是非コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。

アンチハラスメントポリシーについて

JAWS-UGの参加ルールとマナーにくわえて、当コミュニティではすべての参加者(スピーカー、スタッフ、参加者、その他サポートしてくれるすべての関係者)は以下の規範に同意する必要があります。われわれはかかわるすべての人に安全な環境が提供されるように参加者全員がこれに協力することを期待します。

アンチハラスメントポリシー(短縮版)

性別、性の同一性や表現、年齢、性的指向、身体障害、体型、体格、人種、または宗教(または逆に信仰を持たないこと)にかかわらず、誰に対しても嫌がらせのない参加体験を提供することに努めます。参加者への嫌がらせはいかなる行為も容認しません。性的な表現や画像などは、講演、ワークショップ、パーティー、TwitterやFacebookおよびその他すべてのオンラインメディアを含む、あらゆる場において不適切とみなします。これらの規則に違反した参加者は、たとえ有料イベントであっても開催者の裁量で返金することなく、これらの場所から追放され今後の参加の一切を断る可能性があります。

アンチハラスメントポリシー(完全版)

「嫌がらせ」には、性別、年齢、性的指向、身体障害、体格、人種、宗教に関する不快な発言や、性的な画像の使用、意図的な脅迫、ストーキング行為、望まない写真撮影や録音・録画、議論の中断を招く不快な発言、不適切な身体的接触、歓迎すべきでない性的関心を引く行為が含まれます。

嫌がらせ行為を中止するように求められた参加者は、直ちに遵守することが求められます。

参加者が嫌がらせ行為に関与している場合、主催者は、違反者への警告や(たとえ有料イベントであっても)返金なしでの即時退場など、適切と思われる行動を取ることができます。

あなたが嫌がらせを受けている、あるいは他の誰かが嫌がらせを受けていたり、その懸念がある場合には、すぐにスタッフに連絡してください。

スタッフは、参加者が会場のセキュリティまたは警察機関に連絡して護衛を提供したり、またはその他の方法でイベントの開催中に当該参加者の安全が担保されることを支援します。つまりわれわれはあなたの参加を心から歓迎しています。

われわれは、すべての参加者が勉強会、カンファレンス、ワークショップといったイベントの会場やイベント関連のミートアップにおいてこれらの規則に従うことを期待します。

個人情報保護について

勉強会の会場へ入館申請を行うため、参加者の本名やメールアドレスの情報を頂く場合があります。 そのため、connpassの事前アンケートで頂いた個人情報を以下に定める内容にて取り扱います。

個人情報の利用目的について

ご提供いただいた個人情報は、以下に定める目的にのみ利用いたします。

  • コミュニティ開催会場の入館申請手続き
  • 勉強会の申し込み者の入館時のご本人確認

個人情報の取扱

取得した個人情報は、connpassでの入力により取得を行います。当サイト上での個人情報の取得にあたっては、提供時における確認などのクリックによって本人の同意を得たものとします。 当コミュニティでは、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示・提供いたしません。

  • 会場入館の目的に沿って会場提供者(社)に入館申請を行う場合
  • 本人の同意がある場合
  • 本人の生命の保護などのために必要な場合であって、緊急を要するなど、ご本人の同意を得ることが困難である場合

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント