AIの本番運用に立ちはだかる課題 – 日立コンサルティングによる説明可能なAI(XAI)活用事例を交えて

参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
抽選制 無料 142人 / 定員120人

※ 抽選結果は、2020/02/14 以降にメールおよびイベント詳細ページで通知されます。

イベント内容

AIの本番運用に立ちはだかる課題 – 説明可能なAI(XAI)活用事例を交えて

概要

需要予測、品質管理、マーケティング、人財管理、リスク管理など、ビジネスにおけるAIの利活用シーンは、急激に広がっています。
一方で、現在のAIは精度を求めるとブラックボックス化する傾向があるため、重要な意志決定やセンシティブな情報を扱う業務(金融領域や人事領域では政府や業界団体主導でAIガイドラインを制定)など、説明性が求められる分野へのAI導入にはハードルがあります。
このような背景のもと、近年はAIの精度と説明性の両立を可能にする 説明可能なAI(XAI)技術に対するニーズが高まってきており、XAIにより人の意志決定の高度化を実現するケースが増えてきています。
当日は、AIの業務活用目線での分類、XAIが求められるようになった背景や、今後の実務におけるXAIのポテンシャルについて、多数のAI案件に関わるコンサルタントがセミナーとトークセッションの2部構成でお話いたします。

*弊社サービスについてはこちら
http://www.hitachiconsulting.co.jp/solution/digital/xai/index.html?p=top_b

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜 受付開始
19:30〜19:40
デジタルイノベーションコンサルティング本部のご紹介
西岡 千尋
19:40〜20:10
説明可能なAI(XAI)登場の背景と、今後の実務でのAI活用の方向性とは?
田中 俊 / 松井 美沙紀
20:10〜20:20 休憩
20:20〜20:50
パネルディスカッション – AI案件実務者が語る!AI導入のホンネ
西岡 千尋 / 大木 康幸 / 田中 俊
20:50〜21:00 お知らせ / アンケート回答
21:00〜21:50 懇親会

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

登壇者名
西岡 千尋
株式会社 日立コンサルティング
デジタル・イノベーションコンサルティング事業部
デジタルイノベーションコンサルティング本部 本部長
デジタル技術を活用した経営・業務改革、ベンチャーや研究所などの外部と連携したサービス開発に従事。
登壇者名
大木 康幸
株式会社 日立コンサルティング
デジタル・イノベーションコンサルティング事業部
デジタルイノベーションコンサルティング本部  マネージャー
映像・音声・文章・グラフデータ解析をネタにした新ソリューションを自分で作って売って直していたら、いつのまにかAIビジネス戦略・組織改革・標準化もするコンサル職に。最近の興味はXAI技術やAIガバナンス。
登壇者名
田中 俊
株式会社 日立コンサルティング
デジタル・イノベーションコンサルティング事業部
デジタルイノベーションコンサルティング本部 コンサルタント
システム開発を経て、日立コンサルティングに入社。 機械学習コア製品策定など、AI関連プロジェクトを中心に従事。 コンサルタントでありながらデータサイエンティストでもあり、ピアニスト。
登壇者名
松井 美沙紀
株式会社 日立コンサルティング
デジタル・イノベーションコンサルティング事業部
デジタルイノベーションコンサルティング本部 コンサルタント
新卒入社以来、製造、金融、通信など幅広い分野で、機械学習・最適化技術を活用した業務改革の構想から実現に向けてデータを用いた実分析案件に従事。 ロジカルにデータを扱う一方で、写真やデザイン、アートを好む右脳派コンサルタント。

参加対象

  • 実務でのAI活用に興味のある方、最近AI案件に携わり始めた方
  • AI(技術)に興味をお持ちの方(業務経験はないが、ご自身でモデル作成をされている方など)
  • AIの本番導入をしてみたが、中々普及が進まず悩まれている方

持ち物

名刺2枚

※ 受付時にお渡し下さい。

参加費

無料

本イベントは終了しました

類似しているイベント