ISA/IEC62443に準拠したISASecure認証、そのメリットと課題

参加枠申込形式参加費 参加者
1
先着順 無料 0人 / 定員20人

イベント内容

ISA/IEC62443に準拠したISASecure認証、そのメリットと課題

概要

BES(Bulk Electric System:大規模電力システム)を保護するため、NERC(North American Electric Reliability Corporation:北米電力信頼度協議会)ではCIP(Critical Infrastructure Protection:重要インフラ保護)基準が制定され、罰則付きの運用がなされていることはよく知られていますが、一般の製造業や重要製造業の安全な稼働を支える各種ICS(Industrial Control System:産業用制御システム)コンポーネント(ソフトウェアおよびハードウェア)の安全性を担保するためのISA/IEC 62443に沿ったISASecure認証が遅まきながら進展を見せています。

本セッションでは従来のISASecureEDSA認証と新たに登場したCSA認証との違いを概説するとともに、より高度化しつつあるICSを対象としたサイバーインシデントの状況を各種レポートから紐解き、より競争力のあるICSコンポーネントの開発のためのアイデアを共有、議論します。

※ オンライン会場およびお申込みは以下URLからお願いします。
https://www.brighttalk.com/webcast/13983/407936?utm_source=social&utm_medium=techplay&utm_campaign=407936

内容

  • ICSを狙うサイバー攻撃とセキュア認証の現状
  • セキュアなICSコンポーネントを開発するために必要な措置
  • セキュア開発のために有効なツール
  • Q&A

参加対象

  • 制御システムおよびコンポーネントのソフトウェア開発に携わる方
  • 制御システムのセキュリティ強化に課題をお持ちの方
  • セキュア開発のためのプロセス整備に課題をお持ちの方

参加費

無料

ハッシュタグ

#techplayjp

注意事項

  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。
本イベントは終了しました

類似しているイベント