セミナー: 国際標準: 知識体系SWEBOK、品質規格SQuaRE、ビジネス分析知識体系BABOK

イベント内容

スマートエスイーセミナーシリーズ「ポスト・コロナ時代のソフトウェアエンジニアリングを考える」

第4回 国際標準の最新動向: 知識体系SWEBOK、品質規格SQuaRE、ビジネス分析知識体系BABOK

2020年8月5日(水)19:00-21:00 オンライン

あらゆる産業においてデジタルトランスフォーメーション(DX)がなし崩し的に進められようとするポスト・コロナ時代に、ソフトウェアエンジニアリングのあり方も見直し、必要に応じて変えるときが来ています。本セミナーシリーズでは全5回にわたり、ソフトウェアの開発や運用において変わらない本質と、変わりゆく新たな考え方や技術・プラクティスを探ります。

第4回は、ソフトウェアエンジニアリングにおける品質面および関連するビジネス面を含む国際標準を取り上げます。 ポスト・コロナ時代における技術的革新と価値再構築を見るうえで、国際標準に照らして技術的活動や人材育成プログラムを点検し、改善し続けることが国際競争力の確保に不可欠です。そして、国際標準もまた時代に応じ変わりつつあります。本セミナーでは、日本が策定にあたり国際的にリードしている二つの主要な標準Guide to the Software Engineering Body of Knowledge(SWEBOK, ISO/IEC TR 19759:2015, 全体統括: 鷲崎)とSystems and software Quality Requirements and Evaluation(SQuaRE, ISO/IEC 25000シリーズ, WGコンビーナ: 込山, エディタ: 中島ほか)の最新状況および今後の改訂方向性を世界に先駆けていち早く解説します。SWEBOKは2021年中の改訂発行を目指して、アーキテクチャやセキュリティ、AIシステムの扱いを中心に再構成および拡充検討が進められています。加えて、IIBA 日本支部 清水理事よりビジネスアナリシス(BA)知識体系ガイド BABOKの解説をいただきます。Zoomオンライン開催・参加無料です。ぜひご参加ください。

主催

協賛・協力

  • 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所

概要

  • 日時: 2020年8月5日(水)19:00-21:00
  • 場所: オンライン Zoom
  • 参加費: 無料
  • 講演者(予定): 中島毅(芝浦工業大学)、込山 俊博(NEC)、清水 千博(IIBA日本支部 理事)、鷲崎弘宜(早稲田大学)
  • 参加申込: 本connpassページからお申し込みください

プログラム(詳細は後日追記予定、個々の時間や内容は変更の可能性があります)

19:00-19:40 講演: ソフトウェアエンジニアリング知識体系SWEBOK最新動向 (仮)

鷲崎弘宜(早稲田大学)

日本が策定にあたり国際的にリードしている標準Guide to the Software Engineering Body of Knowledge(SWEBOK, ISO/IEC TR 19759:2015, 全体統括: 鷲崎)の最新状況および今後の改訂方向性を世界に先駆けていち早く解説します。SWEBOKは2021年中の改訂発行を目指して、アーキテクチャやセキュリティ、AIシステムの扱いを中心に再構成および拡充検討が進められています。

19:40-20:30 講演: ソフトウェア品質要求・評価規格SQuaRE最新動向 (仮)

込山 俊博(NEC)、中島毅(芝浦工業大学)

日本が策定にあたり国際的にリードしている標準Systems and software Quality Requirements and Evaluation(SQuaRE, ISO/IEC 25000シリーズ, WGコンビーナ: 込山, エディタ: 中島ほか)の最新状況および今後の改訂方向性を世界に先駆けていち早く解説します。

20:30-21:00 講演: ビジネスアナリシス知識体系BABOK解説・最新動向(仮)

清水 千博(IIBA日本支部 理事)

ビジネスアナリシス知識体系ガイドBABOKの概要と最新動向を解説します。(仮)

シリーズ全体

他の回の詳細については以下およびセミナーシリーズのページを参照ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント