セミナー: アジャイル開発と品質

イベント内容

スマートエスイーセミナーシリーズ「ポスト・コロナ時代のソフトウェアエンジニアリングを考える」

第5回 アジャイル開発と品質

2020年8月20日(木)19:00-21:00 オンライン

あらゆる産業においてデジタルトランスフォーメーション(DX)がなし崩し的に進められようとするポスト・コロナ時代に、ソフトウェアエンジニアリングのあり方も見直し、必要に応じて変えるときが来ています。本セミナーシリーズでは全5回にわたり、ソフトウェアの開発や運用において変わらない本質と、変わりゆく新たな考え方や技術・プラクティスを探ります。

第5回は、諸活動を進めるうえで基本となる変化へ適応的なアジャイル開発プロセスにおける品質保証のあり方(第5回)を取り上げます。変化の激しく不確実性を増す時代において、顧客参加・高速・漸進による適応的なアジャイル開発は標準的となりつつありますが、その高速な進行における品質確保は主要な課題です。それは特定の段階で特定の人々のみが取り組むというよりも、専門家を交えつつロードマップ策定から日々のモニタリングに至るあらゆる段階でチーム全体となって取り組む活動となります。本セミナーでは、連載「QA to AQ:アジャイル品質パターンによる、伝統的な品質保証からアジャイル品質への変革」をベースに、アジャイル開発において効率的かつ効果的に品質保証を進めるために有用な実証済みのパターン集QA to AQおよびその利用事例を解説するとともに、関連するアジャイル品質の取り組みを紹介し、アジャイル開発における品質保証のあり方を探求します。 Zoomオンライン開催・参加無料です。ぜひご参加ください。

主催

協力

  • 日科技連SQiP研究会 演習コースI(ソフトウェア工学の基礎)ほか(予定)
  • 早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所
  • 日本Springユーザ会

概要

  • 日時: 2020年8月20日(木)19:00-21:00
  • 場所: オンライン Zoom
  • 参加費: 無料
  • 講演者(予定): Joseph Yoder(Refactory, Inc.)、長田武徳(NTTデータ)、小林浩(システム情報)、鷲崎弘宜(早稲田大学)ほか
  • 参加申込: 本connpassページからお申し込みください

プログラム(詳細は後日追記予定、個々の時間や内容は変更の可能性があります)

19:00-19:30 講演: アジャイル品質パターン QA2AQ 全体像(仮)

鷲崎弘宜(早稲田大学)

連載「QA to AQ:アジャイル品質パターンによる、伝統的な品質保証からアジャイル品質への変革」をベースに、アジャイル開発において効率的かつ効果的に品質保証を進めるために有用な実証済みのパターン集QA to AQを解説します。アジャイル開発における品質保証は、特定の段階で特定の人々のみが取り組むというよりも、専門家を交えつつロードマップ策定から日々のモニタリングに至るあらゆる段階でチーム全体となって取り組む活動となります。QA to AQは、アジャイル品質の考え方と推奨される実証された活動のエッセンスを、問題と解決をペアにしたパターンのカタログとしてまとめたものです。

19:30-20:00 講演: アジャイル品質パターンの利用事例(仮)

長田武徳(NTTデータ)、小林浩(システム情報)ほか

アジャイル品質パターンの利用事例を解説します。

20:00-20:30 講演: 関連するアジャイル品質の取り組み(仮)

(調整中)

関連するアジャイル品質の取り組みを紹介し、アジャイル開発における品質保証のあり方を探求します。

20:30-21:00 講演: Agile Quality(仮)

Joseph Yoder(Refactory, Inc.)

パターン集QA to AQの編纂・提唱者であるYoder氏より、同パターンの考え方や、関連するアジャイル品質の取り組みを紹介いただき、アジャイル開発における品質保証のあり方を探求します。

シリーズ全体

他の回の詳細については以下およびセミナーシリーズのページを参照ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント