【オンライン】6⽉24⽇(⽔)法⼈向けWebinar『VIVEビジ ネス・デー』~VR導⼊が丸わかり!VRソリューション の最新事例を紹介~

参加枠申込形式参加費 参加者
メインイベント+バーチャル懇親会(PC or VRで参加)
先着順 無料 39人 / 定員40人
メインイベントのみ(PC or VRで参加)
先着順 無料 104人 / 定員144人
YouTubeライブ配信に参加
先着順 無料 34人 / 定員200人

イベント内容

6⽉24⽇(⽔)に法⼈向けのWebinar『VIVEビジネス・デー』~VR導⼊が丸わかり!VRソリューション の最新事例を紹介~ウェブ配信あり!

概要

新型コロナウイルス対策のたに急速に進んだテレワークの実施に伴い、リモートワークやバーチャル会議などVRを使った技術に注⽬が向いています。 しかし、VR機器やソリューションについて知りたくても機会も少ない状況です。 そこで、オフィスや⾃宅から、PCまたはVR機器のいずれでも参加できる法⼈向けのHTC VIVEイベント、「VIVEビジネ ス・デー」シリーズの第1回⽬をVRカンファレンスプラットフォーム「EngageVR」上で開催致します。 第1回⽬は、「無線VR」、「安全教育」、「VRビジネス」、そして「VR空間ビジネス」をキーワードに、これからVRを 導⼊を検討している法人を対象に、最新の製品情報、ソリューション、事例、メリット、導⼊する際のお問い合わせ先などをご提案いたし ます。

EngageVR会場イメージ

タイムテーブル(予定)

時間 内容
13:00〜14:00

開場

14:00〜14:05

HTC NIPPON株式会社よりご挨拶

児島 全克

HTC NIPPON株式会社 代表取締役社長

14:05〜14:30

HTC法人製品紹介

児島 全克

HTC NIPPON株式会社 代表取締役社長

14:30〜14:55

VIVE法人ソリューションの紹介

政田 雄也

HTC NIPPON株式会社 VIVE エコシステム

・VR会議ツール【VIVE Sync】  

・PCVRの無線配信【リモートレンダリング】  

・モバイルコンテンツ管理プラットフォーム【VIVE Central  Control Plateform】

・VRカンファレンスツール【EngageVR】

14:55〜15:00 HTCパートナー事例の紹介(法人向けアプリ・アクセサリ)
15:00〜15:05

Tokyo XR Startups株式会社の紹介

若山 泰親

Tokyo XR Startups株式会社 プロデューサー

15:05〜15:15

イマクリエイト株式会社の紹介

山本 彰洋

イマクリエイト株式会社  代表取締役

15:15〜15:30

無線VRで3D CADの設計レビューを実現

荒井 葉月

サイバネットシステム株式会社 IoT・可視化ソリューション事業部

15:30〜15:45

ノンゲーム分野でのVR開発事例

石川 大樹

株式会社理経 新規事業推進室 室長

15:45〜16:00

Gugenka®の紹介

三上 昌史

Gugenka® プロデューサー

16:00〜16:10 HTC&ゲストスピーカーによるパネルQ&A(質問は事前アンケートにて受付)
16:10〜18:00 バーチャル懇親会

※ 「パネルQ&A」までの内容は、VIVE JAPAN YouTubeチャンネル及びVIVE JAPAN Facebookにて動画配信を実施致します。

※懇親会は録画・動画配信されません。情報交換や情報共有の場としてご利用ください。

登壇者

児島 全克

児島 全克 

HTC NIPPON株式会社 代表取締役社長

モトローラにて業務用無線、ポケベル、3G携帯の商品開発の後UX・PAN・LBSをベースにした研究開発に携わり、世界初Java搭載ケータイ、SUPL搭載ケータイなどを発表。その後HTC NIPPON設立を機にHTCに移籍し日本向けスマホの商品企画・開発に携わり日本初Androidスマホ、日本初4Gスマホなどを発表する。2016年より同社代表取締役社長に就任し、現在XRx5Gの可能性と市場を広げるべく活動。博士(技術経営)。

 政田 雄也

政田 雄也 

HTC NIPPON株式会社 VIVE エコシステム

アメリカ・ミシガン州出身。北米、日本、台湾でグラフィックデザインと語学を中心としたクリエイティブ事業を経て、2019年よりHTC NIPPONVIVEエコシステムを担当。2020年は、バーチャルアバターVIVE MASADAとしてバーチャル活動を推進し、VRの魅力を国内外に発信している。

若山 泰親

若山 泰親

Tokyo XR Startups株式会社 プロデューサー

広島県出身。慶應義塾大学ビジネススクール卒業(MBA)。大倉商事、イデアインターナショナルを経て20043月、ブレイクポイント(株)を設立、代表取締役就任。10年間にわたって250社以上のスタートアップ起業を支援する。慶應義塾大学ビジネススクール非常勤講師。グロービス経営大学院講師。

Tokyo XR Startups 株式会社

Tokyo XR Startups 株式会社は、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)等の XR 領域のスタートアップに対し、資金提供やワーキングスペースの貸与、バックオフィスサポート等の支援を行うインキュベーションプログラムを運営しております。
【公式ウェブサイト】http://tokyoxrstartups.com/

 山本 彰洋

山本 彰洋

イマクリエイト株式会社 代表取締役

住友商事会社在職中にトルコでクーデターに遭い、人生1度きりと起業を決意し、体験シェアリング株式会社を設立。Tokyo XR Startups同期の川崎と意気投合し、合併。現職に就任し、経営・営業全般を担当。

イマクリエイト株式会社

イマクリエイト(ImaCreate Co., Ltd.)は、「imagination」と「Create」という言葉を掛け合わせています。 XR空間上において、「想像(imagination)」できるものはなんでも「創造(Create)」できると考えております。

VRリアルタイム配信VRリアルタイム配信

【VRリアルタイム配信とは】
距離が離れた人同士がVR空間上で動きを共有できるシステムです。
使用者がヘッドマウントディスプレイとセンサーを体につけ、離れた場所にいる人へリアルタイムで自分の動きを転送することができます。この技術を用い、様々なスポーツや伝統芸能などにおける”人の動作”を熟練者から初学者へ感覚的に共有することができます。
【公式ウェブサイト】https://ima-create.com/

 荒井 葉月

荒井 葉月

サイバーネット株式会社  IoT・ASソリューション事業部

弊社VRソフトウェア『バーチャルデザインレビュー』の製品を立ち上げから携わる。現在は、VR,ARソフトウェアのマーケティング全般を担当。

サイバネットシステム株式会社

サイバネットシステム株式会社は、CAE のリーディングカンパニーとして、30 年以上にわたり製造業の研究開発・設計関係部門、大学・政府の研究機関等へ、ソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティングを提供しています。またICT 分野では、最新のセキュリティソリューションのみならず、企業のセキュリティ向上に欠かせないIT 資産管理ツールやIT 運用管理ツールを提供しています。近年では、IoTやデジタルツイン、ビッグデータ分析、AI 領域で、当社の得意とするCAE やAR/VR 技術と組み合わせたソリューションを提案しています。

バーチャルデザインレビューバーチャルデザインレビュー

【バーチャルデザインレビューについて】

 3D CADデータを変換することなくVR空間に表示できるVRソフトウェア『バーチャルデザインレビュー』にHTC様のソフトをオプションとして組み込むことで、ワイヤレスでVRデザインレビューができるようになりました。本講演ではワイヤレスHDMを利用することや、離れた拠点同士でも複数人でVRコラボレーションできることのメリットなど、バーチャルデザインレビューの製造業での活用事例についてお話し致します。
【公式ウェブサイト】https://www.cybernet.co.jp/

 

石川 大樹

株式会社理経 新規事業推進室 室長

組織人事コンサルティング会社を経て2015年に理経入社。新規事業推進室を立ち上げ、防災xVRをテーマで全国300箇所以上にコンテンツを導入。現在BtoBのVR事業開発に注力。本セッションでは、HTC製品及びUnreal Engineを用いたノンゲーム分野でのVR開発事例(自動車、訓練領域)をご紹介します。

 株式会社理経

株式会社理経は1957年設立のIT及びエレクトロニクス業界のソリューションベンダーです。システムソリューション、ネットワークソリューション、電子部品及び機器の分野で、世界の最先端技術・先進的な製品を核とした多彩なソリューションを提供しています。
現在は、ノンゲーム分野でのVR事業開発に注力しており、自動車、建築、消防など幅広い分野でUnreal Engineを使用したフォトリアルなCG映像製作を行っております。

ノンゲーム分野でのVR事業開発ノンゲーム分野でのVR事業開発

【自動車内部のインテリア評価について】
自動車内部のインテリアの位置・形・色などをVR空間上で自由に切り替えることで、自動車用コックピットのHMI(Human Machine Interface)開発の検証作業を効率化することが可能です。生体情報の変化を読み取ることで、効率的・効果的なデザイン開発が可能となります。またモックアップを製作する必要がなくなるため、コストダウンが図れます。

【 訓練コンテンツの効果検証について】
VR訓練コンテンツを作ったものの、実効性のある訓練になっているか定量化できない、という声は多く聞かれます。VR開発過程ならびに完成時に脳活動計測を取り込むことで、より効果的なコンテンツ開発を行うことが可能です。また脳活動の差異から、熟練者と初級者の思考の違いを分析するなど、多様な分析が可能となります。

【公式ウェブサイト】https://www.rikei.co.jp/

三上 昌史

三上 昌史

Gugenka®株式会社シーエスレポーターズ) プロデューサー

映画のデジタルプロモーションを経てXR業界の新規事業立案、コンテンツプロデューサーとして活躍する。

Gugenka®

リアル世界と日本アニメの世界をXR(VR/AR/MR)で融合させるクリエイティブチームとして株式会社シーエスレポーターズ内で発足。数々の人気アニメAR、VRを手掛ける。代表作は東雲めぐ、デジタルフィギュアサービス「HoloModels™(ホロモデル)」など。 
 

XR SHOPXR SHOP

【XR SHOPについて】

Gugenkaの「XR SHOP」は、スタッフもお客様も自宅にいながら買い物が完結するバーチャルコマースの実現を目指す取り組みです。バーチャル空間の店舗に来店したお客様へリアルタイムで接客し商品のPRを行う新しいプロモーションです。
【公式サイト】https://gugenka.jp/

【VIVE VR Storeについて】
『VIVE VR Store』は、XR(AR/VR/MR)領域のサービスを提供するGugenka®が運営する「Gugenkaバーチャルショップ」3階に、5月2日(土)23:00にオープンしました。HTCが開発・製造するVRヘッドセット、「VIVE製品」をバーチャル空間で展示・販売するECストアです。
【公式サイト】https://gugenka.jp/event/vive_vr_store.php

参加対象

XRVRARMR)の導入をご検討の企業様

参加費

無料

ハッシュタグ

#VIVEBizDay

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

※PC/モバイル参加者はヘッドホン必須となります。

【法人サービスに関するお問い合わせ】

Eメール:APAC_ Vive_Enterprise@htc.com