コロナ時代の医療業界を支援するエムスリーのプロダクト開発の舞台裏

イベント内容

イベント概要

エムスリーではITの力を活用し、医療を前進させるインパクトのあるプロダクトを生み出し続けるチャレンジを行なっています。

昨今のコロナ騒動では、医療業界は大きな打撃を受けています。 今回のイベントでは、コロナに苦しむ医療業界に貢献するため、エムスリーが一丸となって行なったプロダクト開発の事例について紹介します。

本イベントはオンラインで開催します。当日参加者の皆様に配信URLをお送りします。

当日のご案内

日時:7月9日 19:30スタート

対象:エムスリーの医療業界におけるプロダクト開発事例に興味のあるエンジニアのみなさま

タイムテーブル

時間 タイトル スピーカー
19:30 〜 19:40 オープニング! 山崎 聡
19:40 〜 19:55 Flutterを使って医師相談アプリを短期リリースした話 星川 貴樹
20:00 〜 20:15 スケーラブルなデータ収集と活用の舞台裏 ~ Web講演会を例に ~ 鳥山 誠
20:20 〜 20:35 マイクロサービスの性能改善 高島 亮祐
20:40 〜 20:55 COVID-19特集ページの裏側 安江 築生
20:55 クロージング

発表概要

「Flutterを使って医師相談アプリを短期リリースした話」

AskDoctorsのアプリ版を、少人数のエンジニアでFlutterを用い、比較的短期間でリリースしました。
その際感じたFlutterのメリットや、COVID-19に関連したアプリをリリースすることの苦労話についてお話します。

登壇者プロフィール:

星川 貴樹 (@oboenikui)

Androidエンジニア。2017年新卒入社。 2010年にIS01と出会って以来、モバイルOSはAndroid派。 主要事業であるm3.comのAndroidアプリ主担当の他、フロントエンド・サーバーサイドの開発も行っています。 また、社内のセキュリティ教育・啓蒙に関する活動、バグハントも行っています。 趣味はCTF、野球観戦。社外での主な活動に、DroidKaigi 2018, 2019登壇、Kotlin Festスタッフなど。

「スケーラブルなデータ収集と活用の舞台裏 ~ Web講演会を例に ~」

製薬企業を支援するサービスはエムスリーの中でも歴史の長いプロダクトですが、コロナ禍の今もまさに成長を続けています。

Cloud Pub/Subを用いたログデータの収集、Embulk + Digdagを用いた事業データの連携など、これらのサービスの裏にあるデータ基盤やその活用の取り組みを紹介します。

登壇者プロフィール

鳥山 誠 (@m.toriyama)

データエンジニアとしてクエリパイプライン、Tableauダッシュボードの構築に携わったのち、2020年1月エムスリーに入社。 SQLのほかScala, Python, Reactあたりも触っています。最近好きなのはTerraformです。

「マイクロサービスの性能改善」

コロナ禍によってエムスリーのサービスへのアクセスは大きく増え、性能面の問題が顕在化しました。 どのような問題が発生して、どのように対応したのか、具体例をご紹介します。

登壇者プロフィール

高島 亮祐 (@rst76)

2019年1月に入社したソフトウェアエンジニアです。Haskell と SQL が好き。 在宅勤務になったので、生活に潤いを与えようとメダカを 10 匹ほど飼い始めたところ、稚魚が 50 匹以上産まれて、てんやわんやしています。

「COVID-19特集ページの裏側」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行を始めた時、エムスリーでは医療従事者の方々がCOVID-19の情報にアクセスできるようにいち早く特設ページを開設しました。本発表では特設ページを開設するにあたって使用した社内技術を中心に紹介していきます。

登壇者プロフィール

安江 築生 (@kijuky)

Scalaエンジニア。2019年4月にエムスリーへ入社。m3.comサイトやSPアプリの開発を主に対応しています。よく触っている技術は Play Framework, Ruby on Rails, Google Apps Script などです。まどマギのマミさんが好き。

エムスリーの紹介

テックブログ

エムスリーのエンジニア (テックトークの参加、カジュアル面談はこちらまで)

イベント行動規範

イベント行動規範は、下記のような事柄に関わらずすべての人にとって安心・安全なイベント体験を提供するためのものです。

本イベント参加者は、次の規範に従う必要があります

イベントの趣旨と反することはしない

エムスリーのイベントにはそれぞれに目的が存在します。イベントの目的を理解し、目的にそぐわない行動はしないよう努めてください。

ハラスメントはしない

ハラスメントには、ジェンダー・アイデンティティーと性表現、性的指向、障がい、ニューロ・ダイバーシティ、外見、身体の大きさ、民族、国籍、人種、年齢、宗教、その他の保護対象事項、また公共の場での不適切画像、意図的な脅迫、ストーカー、追い掛け行為、写真や動画撮影による嫌がらせ行為、及び、講演やイベントの断続的な妨害、侮辱的な言動、不適切な身体的接触、不愉快な視線などによってマイノリティなどの社会的弱者の支配を促す言動が含まれますが、これに限定されるものではありません。 ハラスメント行為を止めるように言われた参加者は、直ちに従ってください。

器物の損壊をしない、危険な物を持ち込まない

イベント会場の内装や付属の調度品などを故意に壊したり、各会場で使用が禁止されている物を使用したりしないでください。 法令で所持・携帯が禁止されている物、または人に危害を与え、もしくは他の物を損傷するおそれのある物などを持ち込まないでください。

嫌がらせを容認せず、この規範に違反すると思われる行動を見たり聞いたりしたらすぐにイベントスタッフに連絡してください

あなたを不快にさせている相手は、そのことに気がついていないかもしれません。あなたが何か不快に思ったり、嫌がらせを受けたり、その他何か懸念に思うことがあったらすぐにイベントスタッフに教えてください。また、誰かが誰かを不快にさせたり、嫌がらせを行っているのを見聞きした場合も、すぐにイベントスタッフに教えてください。

==

エムスリーは、この規範に違反している行為を発見した場合、即座に中止するよう求めます。場合によっては、イベントからの退席や今後のイベント参加への禁止等を求めることがあります。この場合、既に受領した会費等は返金致しません。

質問や疑問があれば、イベントスタッフまでご連絡ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント