2020年の物流DX改革 - ラストワンマイルを支える大手ロジスティクスと物流スタートアップのデジタル戦略 -

参加枠申込形式参加費 参加者
オンラインチケット
先着順 無料 14人 / 定員30人

イベント内容

2020年の物流DX改革

- ラストワンマイルを支える大手ロジスティクスと
物流スタートアップのデジタル戦略 -

概要

2025年に3兆8743億円に拡大すると予測される次世代物流システム・サービス市場。

一方で、20万人以上のドライバーが不足するとも言われています。物流企業には、「モノを運ぶだけでよい」という旧来の事業から脱却し、新たな展望を切り開くことが求められています。

 

また、コロナによって、企業によるDX投資が未曾有の危機に対する明暗を大きく左右することが浮き彫りになり、DX推進を経営課題として取り組む企業が増えています。

 

そのような背景からも、ビジネスの競争力を高めるために重要性が再認識されているのが、物流におけるデジタル化です。

 

物流にデジタル化が求められる背景としては、日本における労働者不足と高齢化があげられます。

その一方、ECでの需要は伸びているため、商品を届けるインフラが非効率だったり、機能しなくなることは、経済への悪影響にも繋がります。

 

その解決策のひとつが、ロボットによる省人化や、手動管理していた情報をデジタル化して、AIなどを活用し最適化することです。物流におけるデジタル化は、これからの時代を生き残る為には必須と言えるでしょう。

 

今回は、早期からデジタル化を進め日本のロジスティクス界を牽引するホームロジスティクスと、技術をもって業界の課題を解決する、ラストワンマイル×AIのテックスタートアップ、オプティマインドによるトークセッションを企画しました。

 

業界の最前線でチャレンジするプレイヤーたちの、デジタル戦略や、今後の野望、業界の未来予測はどのようなものでしょうか。

ぜひ、お見逃しなく。

登壇企業

株式会社ホームロジスティクス

https://www.homelogi.co.jp/

2010年、商品企画から製造、販売、物流までを一貫して行うニトリの物流部門を担う企業として分社化。ニトリグループの「製造物流IT小売業」という独自のビジネスモデルだからこそのスケールメリットを活かした一貫物流を実現し、高品質なロジスティクスを可能に。その配送網は全国に及び、人口カバー率は99%を到達。また、最新鋭のテクノロジーも積極的に導入しており、物流の効率化を図っている。

   

株式会社オプティマインド

https://www.optimind.tech/

「世界のラストワンマイルを最適化する」のミッションのもと、企業、業種、国の枠を超えた”世界”のラストワンマイルを、効率化ではなく、人々の心にとっての”最適化”を目指し、世界で一番ルート最適化について考え、投資し、創り上げる。ラストワンマイルに特化したルート最適化サービス「Loogia(ルージア)」では、"組合せ最適化技術”や”ラストワンマイル配送地図”を用い、配送計画問題の打破や誰もがベテランドライバー同様のノウハウを得ることを可能にする。

登壇者

深作康太 Kota Fukasaku
株式会社ホームロジスティクスCIO
株式会社ネバーマイル 代表取締役CEO

2008年近鉄エクスプレスに入社後、システム部門でグローバルシステムの開発から運用まで担当。2012年フューチャーアーキテクトへ入社し、物流関連を中心に戦略策定〜システム導入まで幅広く担当。2017年からホームロジスティクスのCIOに就任。ニトリグループ物流領域の全面デジタル化、およびオートメーションのプロジェクトを推進。2019年には新規事業の立ち上げを牽引。現在は外部企業との物流の協業や、DX領域の最適化も担当。2020年株式会社ネバーマイルを設立

松下 健 Ken Matsushita
株式会社オプティマインド 代表取締役社長

名古屋大学 情報文化学部を卒業し、名古屋大学大学院 情報学研究科 数理情報学専攻 博士前期課程を修了。現在、博士後期課程。専門は組合せ最適化アルゴリズム/厳密解法/メタヒューリスティクス。学術研究と実社会の架け橋になりたいという想いから、2015年にオプティマインドを創業2018年2月、日本郵便のPOST LOGITECH INNOVATION PROGRAMで全国105社の選考の中から「最優秀賞」を獲得。2018年6月、ティアフォー、寺田倉庫から1億円の資金調達を実施。2018年9月、国内最大級のスタートアップ登竜門であるICCサミットKYOTO2018 スタートアップカタパルトにて優勝。2018年10月、EOYアントレプレナーオブ・ザ・イヤー東海・北陸ブロックでスタートアップ部門代表に選出。2019年10月、トヨタ自動車、三菱商事、KOIF(KDDI&GB)、MTGVから総額10億1300万円の資金調達を実施。2020年、 Forbes 30 under 30 Asia 2020 に選出された。

服部 裕輔 Yusuke Hattori
Sun* Inc. Board Director

名古屋大学大学院 経済学研究科 産業経営システム専攻 修了。1998年、株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア)入社。人材紹介事業の立ち上げ、BPRプロジェクト推進、新規事業開発、国内外のM&A等、様々な課題解決を経験。その後、経営戦略本部長、海外事業担当の執行役員(最年少)として海外での事業推進を担当。2013年、Sun* Inc.の前身となる会社を設立。現在は取締役 経営管理本部長 兼 IPO準備室長としてグループ全体の経営管理を行うとともに、自らもコンサルタントとして重要プロジェクトを指揮

こんな方におすすめ

  • 物流業界でDXを始めたいが何からすれば良いかわからない方
  • 新規事業やDX投資の必要性を感じている方
  • 企業のDX推進部、経営企画室
  • 大手企業とのコラボレーションを考えているスタートアップ

など

主催

株式会社Sun Asterisk

「誰もが価値創造に夢中な世界」をビジョンに掲げ、2012年創業、現在4ヶ国、6都市にて1500名以上が在籍するビジネスにテクノロジーを実装することを強みとしたデジタル・クリエイティブスタジオ。最新テクノロジーを活用したデジタルトランスフォーメーション(DX)推進、0 to 1からのスタートアップスタジオ、プロフェッショナルなIT人材の育成を主な事業として展開。
https://sun-asterisk.com/

KicSpace

きらぼし銀⾏グループが運営する、新しいコワーキングスペース。
創業者・起業家の新しい事業やサービスの創出をサポートするために、Sun*と協業で開設。
〒107-0062 東京都港区南青山3-10-43
https://kicspace.com/

注意事項

※Zoomを使ったオンラインセミナーとなります。登録URLはメッセージにてお送りいたします。

本イベントは終了しました

類似しているイベント