15分スプリントを2年間やったけど質問ある?

イベント内容

15分スプリント2年間やってきたので具体例をはなそうかなーと。

47機関というチームで製品開発、コーチ、研修などをしてきたなかでスクラムでいうスプリントを15分で実施するというプラクティスをうみだしてきました。 いままではこういった話をあまり具体的にしてこなかったので、2年やってきた経験を話し、またフィードバックをもらい、エンジニリングをちょっとでもよくしていきたいなとおもいました。

ということで今回、ちょっと話す機会を、みなさんからフィードバックをいただく機会をつくってみました。

アジェンダ

  • 21:20 - 21:30 Youtube Live オンエア
  • 21:30 - 21:40 オープニング
  • 21:40 - 22:30 プレゼン Part1
  • 22:30 - 22:40 休憩
  • 22:40 - 23:30 意見交換、QA、プレゼン Part2

ブログ引用

15分スプリントを2年間やったけど質問ある_ #15min_sprint at 2020-10-14 21_30 - うさぎ組

先日 terurou さんが 『2時間スプリント』とフルリモートワークなシステム開発 - terurouメモ で私達のチーム(47機関)と仕事をした経験から社内でのとりくみを記事にしてくれていました。おおくの人がこの記事に注目する結果となり、わたしもその1人でした。 こういったショートタームなスプリントについて説明する機会があってもいいかもしれないとおもうようになりました。あくまで 47機関としての話に限定されるとおもいます。

ということで Youtube Liveで公開でやろうとおもいます。時間は1時間から1.5時間くらいを想定しています。

チームは最初はなんちゃってアジャイルで、そのうえ仕事の仕方はお世辞にもほめられたものではありませんでした。 そんなチームも2015年頃からアジャイル開発をはじめていて、2017年から徐々にスプリント期間を自ら短くしていきました。 最初は1週間スプリントでしたが、1年毎に短くなり、1日、1時間、15分となっていきました。 また、2019年、2020年はフラクタルスプリントという、複数スプリント期間を入れ子構造にすることで、中期から短期までのフィードバックを仕組み化してきました。 いまでは1ヶ月のスプリントの中に1週間のスプリントが4つ、1週間のスプリントの中に1日のスプリントが5つ、1日のスプリントの中に1時間のスプリントが7つ、1時間のスプリントの中に15分のスプリントが4つと。

構造自体はこうなっていて、こういった情報はいままでもプレゼンしてきましたが、会場でしか話さなかったこともあります。 具体的にどんなタスクなのか? 精神的な問題はないのか? 自由がなくなるのでは? 繰り返し作業にしかつかえないんじゃ? やりたくない人はどうする? などなどです。

47機関というチームはみなさんにオラクルをもたらす存在ではありませんが、自分達が何者で、自分達がやってきたことなら話せます。 私達の知見、プラクティスはエンジニアリングの1つでしかありません。他のチーム、現場でおこなわれているそれとおなじようにです。

もしご興味があればご参加ください。

更新

  • 2020-09-21 参加枠を50名にふやしました
  • 2020-09-22 参加枠を100名にふやしました
  • 2020-09-23 参加枠を200名にふやしました
  • 2020-10-08 参加枠を300名にふやしました

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント