コロナ禍で変わる生活者意識とメディア行動 新習慣をつくるPR戦略とは?【ネオマーケティング・ビルコム 共催】

参加枠申込形式参加費 参加者
【WEB参加】参加申し込みチケット
先着順 無料 0人 / 定員25人

イベント内容

コロナ禍で変わる生活者意識とメディア行動 新習慣をつくるPR戦略とは?【ネオマーケティング・ビルコム 共催】

概要


本ウェビナーは、生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングと
食品やヘルスケア業界の統合型PR支援実績を多くもつビルコム株式会社による共同開催となります。

コロナ禍で変化した生活者意識や行動、そしてメディアの動きを観察することで、
次なるマーケティングやPR戦略のヒントが見えてきます。
今回はデータや事例を交えながら、考えていきたいと思います。

<こんな方にオススメです>
・コロナ禍の変化をデータで把握したい
・コロナ禍でのPR戦略、メディア戦略を見直したい
・最新のPR事例を知りたい

<プログラム>
・ご挨拶・登壇者のご紹介
・ネオマーケティングより講演
・ビルコムより講演
・クロージング

■タイムテーブル
14:00-14:05 
オープニング・登壇者紹介
14:05-14:45 
『コロナ禍の生活者意識と行動の変遷と、行きつく先「ニューノーマル」の生活者ライフスタイルへの示唆』
株式会社ネオマーケティング マーケティンググループ リーダー 杉山太一
14:45-15:25 
『新習慣をつくる、PR戦略のつくり方』
ビルコム株式会社 IMCソリューション局 局長 長沢美香
15:30 
クロージング

登壇者

株式会社ネオマーケティング マーケティンググループ リーダー 杉山太一

マーケティングリサーチでは食品メーカー、日用品メーカー、広告代理店、コンサルティング会社といった企業のリサーチ案件を担当。定量定性問わず、数多くのリサーチを運用。現在はマーケティンググループのリーダーとして、自社マーケティングを担当。ネオマーケティング発信の独自調査の設計からリリース監修、インタビュー調査のモデレーターなども行い、日々、生活者情報の取得と発信を行っている。

 

ビルコム株式会社 IMCソリューション局 局長 長沢美香

SP業界からPR業界へ転身し20年以上にわたり企業のブランディング、マーケティングに従事。toCでは旭化成ホームプロダクツ、旭化成ホームズ、マツモトキヨシ、toBでは専門商社、人材関連企業等、大手企業を中心としたコンサルティングチームを統括。メディアが多様化するなかで、単なるメディア露出増加だけではなく、コーポレートブランディング、SOEPメディアを統合し、経営課題を解決するPRコミュニケーションを設計している。

持ち物

なし

参加費

無料

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 無断キャンセル・欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございますのでご了承ください。

 

本イベントは終了しました

類似しているイベント